VOL.19 やることがたくさんあって、何から手をつけていいか分からない

Home > ライフスタイル > kirei 知的家事レッスン > VOL.19 やることがたくさんあって、何から手をつけていいか分からない
投稿日:2013/04/02

月刊TVガイド お知らせ
雑誌『月刊TVガイド』5月号で、本間さんが「知的家事」を紹介されています。
テーマは「家事に時間をかけない方法」です。
ぜひご覧ください。

Q. 並行して作業をするのが苦手です。特に夕食に作るのが2品以上になると、どれから作ればいいのか頭が混乱してしまいます。最近、ご飯を作るのが憂鬱です(><)。(姉さん女房)

A. 姉さん女房さん、ご質問をありがとうございます。

同時にいくつもやることがあると、何から手をつけていいのか分からなくなりますよね。

「人間の脳は、2つのタスクなら同時に処理できるけれど、3つ以上のタスクに取り組むのは能力を超える」
という研究者の発表を見たことがありますから、姉さん女房さんのおっしゃることはごもっともだと思います。

さて、そんなお悩みを解決する方法ですが、それはズバリ、
「頭の中で考えるのをやめること」
だと思います。

頭の中で考えずに、まずやることを、文字で書き出してみてはいかがでしょうか。
これは一見手間のようですが、結果的には近道になると思います。名付けて「急がば回れ戦法」です^^

〈効率的に料理を作る方法〉
1)まず、小さな「ホワイトボード」をキッチンに用意します。

ホワイトボード 20cm×20cmの小さなホワイトボード。
紙ではなくホワイトボードにした理由は、気軽に書き直しができるのと、壁に吊るしたり冷蔵庫に貼れば、立った状態で書きこめるからです。


2)作りたい献立をホワイトボードに書き出します
この時は、箇条書きで書かず、できあがった料理を食卓にのせたかたちで書き出します(皿をイメージした丸を書いてその中に料理名を書く)

作りたい献立 これが今日の料理の完成形。

3)だいたいの調理時間を書き込みます。

調理時間 こうして見ると、何から手をつければいいのか描きやすくなったのではないでしょうか。
(まず時間のかかるご飯を炊く、その間にホイル焼きをセットする・・・など)

また、これを見れば、食卓のおかずの品数が多すぎないか、少なくないか、栄養バランスが整っているかも一目でチェックできます。

それに、あたためた料理を電子レンジに入れっぱなしで出し忘れた!なんてことも無くなりますよ^^

それから、質問の回答とは異なってしまうのですが・・・、
おかずを2品以上作るのが大変な時は、2品以下でも良いのではないでしょうか?
栄養バランスが心配なら、豚汁や鍋、カレーなど、ひとつで栄養が摂れる料理をセレクトしてみてはいかがでしょう。
食卓が寂しいようなら、それに市販の惣菜を足したり、週末に1~2品まとめて作っておいて、それを出したりするのもオススメですよ。

姉さん女房さんが楽しく家事ができますように願っております!

家事アドバイザー 本間 朝子

働く女性の知的家事Logica(ロジカ)代表。http://honma-asako.com/
結婚10 年の働く主婦。自身が仕事と家事の両立に苦しんだ経験から、
働く女性に向けて独自の家事メソッド「知的家事」を提案している。

「知的家事」とは・・・
時間や体力が無く、家事が思うようにできない女性に向けた、効率的に家事をする方法。
従来のやり方にとらわれず、今のライフスタイルに合った、新しい家事の考え方をお伝えしています。




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*