「こんがり庵 IH対応お手軽魚焼きパン(ガラス蓋付)」商品レポート / 研究員 pink

Home > ライフスタイル > kirei 商品レポート > キッチン > 「こんがり庵 IH対応お手軽魚焼きパン(ガラス蓋付)」商品レポート / 研究員 pink
投稿日:2013/10/11

レポーター:研究員 pink 
 
さんまの美味しい時期になりましたね。
特に焼きたてのさんまは美味しいですよね・・・
 
でも我が家では魚焼きグリルはあるのですが、使用した後の片付けが大変な事と、よく洗ったつもりでもなんとなくニオイ残りが気になっていたので、IH調理器にしてからは魚焼きグリルを使用していないのです。
なので焼き魚はスーパーで購入するかフライパンで焼くかでした。
それでも特に不自由は感じてはいなかったのですが、さんまだけはちょっと別です。
やはりこの時期になると焼きたてのさんまが食べたくなります。
 
そこで、前から気になっていたさんまも焼ける『IH対応お手軽魚焼きパン』。
時々お魚をフライパンで焼いたりしていましたが、さんまは切らないと入らないので、焼こうとも思っていなかったのです。
さんまに関しては、もっぱら外食でのさんま焼き定食でした。
なので、この『さんまも焼ける』に、思わず飛びつきました。(笑)
 
早速、魚屋さんでさんまを3尾買ってきてこのフライパンで焼いてみました。
片面を焼いてひっくり返すとすでに美味しそうな焼き目がつき、中はふっくら簡単に美味しく焼けました。
あまりに簡単に美味しそうに焼けてしまったのには自分でもビックリ。やはり焼きたてのさんまは美味しいですね。
 
またフッ素加工なので、後片付けも簡単、油汚れもさっときれいに落ちました。
魚焼きグリルを洗うより全然簡単です。
 
さんまが3尾焼けます。
溝になっている、焼き目がおいしそう、
そして余分な脂も落ちるので助かります。
 
 
簡単にさんまが焼けたので他のお魚も焼いてみました。
 
鮭の切り身も4切れ楽々焼けます。 肉厚のほっけも美味しく焼けました。
 
 
一応ショップの説明には魚焼き専用パンとはなっていますが、焼き魚だけではもったいない。
横長の食材も楽に入り、溝が入っているので余分な脂も落ち、美味しそうな焼き目も付く。
 
そこで、横長で丸いフライパンでは入りにくい厚切りにしたバラ肉も焼いてみました。
写真を撮り取り忘れてしまいましたが最初はすごく大きくて隙間がないくらいだったのですが、焼いたら沢山の脂が落ちて小さくなってしまいました。溝があるので余分な脂も落ちていいです。
 
また。苦手なハンバーグにもチャレンジしてみました。
 
ガラスぶたで油跳ねも抑えられるし中の様子も見えもるので安心ですし、またガラスぶたに蒸気を逃がす穴があいている点もいいです。
 
いつもハンバーグを作ると、外は丸焦げなのに中までうまく火が通っていない事が多いのです。(実は料理が苦手です)
なのでいつもと同じように今回も煮込みハンバーグにしましたが、煮込まなくても大丈夫そう・・・
はじめてうまく出来上がりました(笑)
 
このフライパンの難を言えば収納の場所をとること・・・かな
我が家は鍋やフライパンは重ねて収納しているのでこれだけ別に置かなければならないのです。
(縦置き収納であれば問題ないのですが・・・)
 
最初はさんまを焼く為だけと思っていたのですが、我が家ではフライパンと同じくらい出番が多いので重宝しています。
 
お家に魚焼きグリルがなくても簡単に美味しいさんまが食べられますよ。おすすめです。
 
 
 
Kirei ミシュラン
   価 格 ★★★★
   デザイン ★★★★
   利便性 ★★★★
   オススメ度 ★★★★
 
 




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

サイト内検索

バックナンバー