VOL.27 一般社団法人おせっかい協会、中野から日本、日本から世界へ

Home > コラム > 幸せを呼ぶ「おせっかい」 > VOL.27 一般社団法人おせっかい協会、中野から日本、日本から世界へ
投稿日:2014/03/03




あっという間に3月になってしまいましたね。月日は誰にも断りなしにやって来ます。「人脈を創れる人になる方法」。先月の19日、中野サンプラザで講演させていただきました。東京商工会議所中野支部が主催し、70名もの方々が参加して下さったのです。おせっかい協会理事の小野と二人で、人脈を創れる人についてお話しさせていただきました。ビジネスを通して人ではなく、人を通してビジネスを。私が人脈を構築できたのは、ひとえに私がおせっかいであったからなのです。おせっかいのコツとして、「利他の精神」、「おもてなし」、「行動」「とことん」、「ポジティブシンキング」、「教育」、「手紙」、「人間力」の8つを挙げました。おせっかい協会を立ち上げた以上何か定期的にと、中野で月1回セミナーを開催していきます。そこで詳しく話しますので、ぜひ聴きに来てください。コラムを書き始めて一年一寸で私の動きが着々と目的に近づいていくことを証明でき嬉しいです。

<中野のセミナー>

以前書きましたように、私はサニーサイドアップを中野からスタートさせました。中野には強い縁があります。そして昨年11月1日、一般社団法人おせっかい協会もまた中野からスタートさせました。今では、中野をおせっかいの街とし、人を支えて人を生きる地域社会となるように活動しております。この中野から、タンポポのように種を飛ばし、日本中に、そして、世界中に、おせっかいの花を咲かせていきます。

中野には大学が沢山あり、中野駅周辺でも600人以上の国際留学生がいらっしゃいます。若いチカラが溢れている中野。サークル、バイトなどと、ただ漫然と学生生活を送るのではなく、一つでもいいから人として大切なことを学んでもらいたいです。学生生活が心に強く残るものとなれば、将来きっと、良い思い出がある中野をより良い街にしようと活動するでしょう。おせっかいですが、私が学生たちに伝えたいことは沢山あります。誕生日は親に感謝する日であること、天知る 地知る 我知る、あなたにはあなたの良い所がいっぱいあること、国籍も職業も学歴も貧富も宗教も全く関係ないこと、見返りを求めないおせっかいをすること、行ってみる 言ってみる やってみる、鹿児島知覧に行ってみること、即行動すること、垣根を作らず笑顔で接することなど、中野で学生向けに月1回セミナーを開催していきますので、一人でも多くの学生に私の話を聴いていただきたいと思います。

昨年9月に姫路で開催した、おせっかい選手権。姫路の大学生120人が、いくつかのグループに分かれて、おせっかいTシャツを着て街中に繰り出し、おせっかいをしました。そして、実際に体験してきたおせっかいについてプレゼンをさせ、一番良かったグループをおせっかい大賞として表彰しました。参加した大学生は皆、おせっかいの大切さに気づいてくれました。中野にも沢山の大学生がおりますので、中野でもおせっかい選手権を開催したいですね。一人でも多くの学生に気づきを与えることができれば良いと思っております。

姫路の大学生セミナー <姫路の大学生セミナー>

2020年には、東京オリンピックが開催されます。東京オリンピックの際には、おもてなしの最上級である「OSEKKAI」を通して、日本を世界中にアピールできるように、おせっかい協会は活動を始めています。私は見返りを求めないとずっと話してきましたが、ここでは一つだけ見返りを求めます。それは、皆様がおせっかいをすることです。皆様が、小さなお世話、大きな親切である、おせっかいをすることで、おせっかいの種はタンポポの種のように広がり、世界中でおせっかいの花を咲かせるでしょう。中野から日本へ、日本から世界へと広げるおせっかい活動、ついにスタートさせました。読者の皆様も私のスピードと一緒に何か始めませんか。やれば出来るのです。私が創立した会社は失恋休暇がとれることでマスコミに登場していますが、悩む暇がないほど休暇は自分の為に使って、自ら脱皮しませんか。瞬く間に桜の季節がやって来ますよ。

その他関連するコラム
新コンテンツ /高橋恵さんの元気になる特効薬「幸せを呼ぶ『おせっかい』のススメ」はじまる!!

高橋 恵 (たかはし めぐみ)

広告代理店、PR会社、様々な会社の営業を経て、1985年42才で二人の娘さんを抱え、会社を立ちあげる。サッカーの中田英寿選手、38才の若さで急逝したプロウィンドサーファー飯島夏樹さんなど多くのスポーツ選手のマネージメントをしているPR会社「サニーサイドアップ」創業者。
マンションの一室ではじめた小さな会社が、なぜ上場するまでに至ったのか?その秘密は「おせっかい」にありました。現在、急成長した会社は娘に任せ、本の出版や講演会などに忙しい毎日。

高橋 恵 「財団法人 おせっかい協会」
http://osekkai.jp/
幸せを呼ぶ「おせっかい」のススメ 高橋恵 著 PHP出版
http://www.php.co.jp/books/
『幸せを呼ぶ「おせっかい」のススメ』が
第29回ビジネスブックマラソン大賞で5位に入りました。




1 Comment

桑田文子

2016年10月15日 at 7:39 am

はじめまして。ご著書を拝読させていただき感動で泣けました。そして、、ホームページを拝見し、びっくり致しました。な、な、なんと私の家からすぐの場所だったなんて!高橋先生は、中野に強いご縁がお有りとのこと、是非、高橋先生にお会いしたいです!!お会い出来ます日を心より楽しみに致しております。ご縁に心より感謝申し上げます。ありがとうございます!!桑田文子拝

コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

サイト内検索

バックナンバー