投稿日:2014/03/11

料理はもちろん、家事一切やらないぐーたらダンナが糖尿病になってしまったのをきっかけに、料理づくりに目覚めちゃった!ひとつでもやらなきゃいけない家事が減るってこんなにも幸せ!さらに糖尿病でもokなヘルシーメニューで肥満防止に!さてさて、今日はどんなメニューでどんなふうに作ったのかな〜?ヘルシーなダンナ飯と、食費節約っぷりを綴ります♪


さもあらん、スプリング ハズ カム!

そう叫びながらスキップるんるん、重いコート脱いででかけたい〜っ!

しか〜し。
私の住む東京都の秘境は、いまだに先月降りまくった雪が残っており、時折のぴゅ〜って北風に震えてしまうような有様。
なので、寒い寒いと呪文のようにつぶやき凍えながら庭で洗濯物を干していたときのことです。

何気にふと、物置の後ろ側に目をやると、ぽこぽこと鶯色のものが地面から生え並んでいるではありませんか。
「ムム!」
思わず川平慈英が乗り移ったかのよーなセリフを口走ってしまった私、その鶯色はまさにまさに、他ならぬ、あの、春の代名詞とも言える、
「ふきのとう」であったのです。

つまり・・・

北風に吹かれつつも、春はしっかり来ておったのでありますぞここに!!

この場所に自生しているふきのとうは、言わずもがな摘むのも無料!
「あたいは本当に無料が好きねぇ〜」と、今度はハイジになりきってさっそく収穫、これはダンナに料理を託すまでもないな〜と判断、1年に1度きりのおたのしみとして、超簡単な酒のつまみを、今回は私自身がこしらえてみました。

ふきのとうおひたしからし酢味噌和えレシピ

レシピとも言えぬほど、簡単に湯がいて食べるってなもんですが、とにかくふきのとうそのものの「ほろ苦さ」を味わいたかったので、敢えてシンプルに調理。

外はいまだ凍てつけど、春の季節をたっぷりと感じながら節約してるのに贅沢な晩酌〜♪

そのほろ苦い味を愉しみながら「くぅ〜!」と、またもや川平慈英のよーになってしまったことは言うまでもありません・・・。

エビ沢キヨミ

ダンナとパグのメカブ、猫のリンゴスターと共に暮らす漫画家&イラストレーター。NEWS大泉学園校・絵画造形教室講師でもあり、ダンナがリーダーを務めるバンド、「ASTRO-B」のヴォーカリストでもある。
著書「糖尿病のダンナが楽しく食べて○×になりました」(泉書房)
「はじめての子犬育て」(誠文堂新光社)
ブログ『猫っパグぶろぐNEO』 http://nekopug.blog65.fc2.com/
バンド『ASTRO-B website』 http://www.astro-b.com/




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

サイト内検索

バックナンバー