Vol.25 自分の得意な時間を意識してみる

Home > カルチャー > kirei ワーク > Vol.25 自分の得意な時間を意識してみる
投稿日:2011/02/08

心の中からキレイになる! 
仕事の中の悩みを小さくして、キレイになるためのヒントをお届けします!

 
 
皆さん、こんにちは! キャリア・カウンセラーの錦戸かおりです。
インフルエンザが猛威を振るっているといいますが、みなさんお元気ですか? どうも今年は私の周りの人があまり風邪をひいている様子がなく、いまいち危機感がありません。ありがたいことなのですが、本当はもっと気を付けなければいけないのだろうなぁ…なんてのんきなことを言っています。
 
さてさて、今回のテーマは「自分の得意な時間」です。前々回のコラムで朝活のお話を書きました。その際に朝が苦手な人は夜だっていいよね、ということを書いたのですが、自分が得意な時間について意識したことがなかったというご意見をいただいたので、こんなテーマにしてみました。
 
 

■ 記録を付けてみる

 
 
あなたは自分の得意な時間を聞かれたら答えられますか? 朝は苦手~!とか、夜遅いのはちょっと…、程度はきっと簡単に堪えられるでしょう。でもなかなか時間単位では難しいですよね。でも、もう少し詳しく自分の得意な時間、苦手な時間を意識できたら、効率的な毎日が過ごせると思いませんか? 錦戸かおり
 
人にはそれぞれ得意な時間というものがあると思うのです。ちょっぴり普段の生活を振り返ってみてくださいね。あなたにとって、仕事の効率が上がる時間、ありませんか? 仕事といっても会社の仕事だけじゃなくてもOKですよ。家事の効率が上がる時間、読書が進む時間、もう少し広く考えて、モチベーションが上がる時間と考えた方がわかりやすいでしょうか?
 
もしあまり意識できなかったら、一度記録をつけてみましょう。小学生のころ、よく夏休みなどに書きませんでしたか? 一日の行動を帯グラフのように書いて、睡眠時間、勉強の時間、外で遊んだ時間などを色分けして書きましたよね。あのように、時間のメモリが付いた手帳などに、1時間ごとにモチベーションが高かったとか、低かったとか、記入してみるのです。
 
たとえば、モチベーションがすごく高かったと感じた時間は5。すごく低かったと感じた時間は1・・・とまあ、そんな具合に5段階くらいでどうでしょう? できればもう少し大きな紙を用意して、小学生の時のように何をしていたかも書き込めるとよいでしょう。そうすると、何をしていたかとの関係性も見えてきます。たとえば、効率の上がる時間のはずなのに、この日に限っては点数が低い、などという場合、何かほかの要因があるはずです。たとえば、大嫌いな仕事をしていたとか、厄介なクレームが気になっていたとか・・・。
 
 

■ プチ認知行動療法

 
実はこのやり方、うつ病などの回復のために行う認知行動療法に用いられています。日常の気分の上がり下がりを知り、コントロールしていく方法です。でも、これってうつ病ではなくても、日常の自分をより意識し、できるだけ楽しい毎日を過ごすために、きっと役に立つと思うのですが、どうでしょう?  錦戸かおり
 
2週間くらいつけると、きっといろんなことが見えてくるはずです。あぁ、私は午前中の方が効率が上がるのね、とか、やっぱりお昼過ぎは眠くなるなぁ、などなど。5時からが効率が上がる、という人もいるかもしれませんね。実は私がこのタイプで、最も事務作業の効率が上がるのは17~18時と22~24時。面白いほど集中力が増します(苦笑)。特にPCに向かう仕事の場合、この時間は最高です。これがホントの5時から女!?
 
打合せなど、自分だけで決められない仕事もありますが、自分で決められる仕事について、ちょっと振り返って点検してみませんか? きっと今よりちょっぴり充実した毎日を体感できるようになりますよ♪

Photo By ai
 

錦戸かおり

個人のキャリア開発支援を行う「がんばれ工房」主宰。キャリア・カウンセラー、産業カウンセラー。女性と仕事の未来館にて、キャリア部門の特別相談員。毎日コミュニケーションの転職サイト「マイナビ転職」にてコメントの執筆なども担当している。一人一人のクライアントと長いお付き合いをすることで、キャリアのホームドクターとして活動している。
2009年10月『働く女性が35歳の壁を乗り越えるためのヒント』を発売(河出書房)
がんばれ工房 http://gambarekoubou.com/




1 Comment

華ちゃんとmayちゃんのお友達

2011年10月12日 at 10:31 am

5時から女の錦戸さん、こんにちは。
そしてお久しぶりです。
得意な時間という発想は今まで持っていなかったので新鮮でした。
書いておられるように朝は苦手~とか、午後は眠くなっちゃうよ~とか苦手な時間は浮かぶんですけどねえ。
私、認知行動療法は本で読んだり友達に聞いたり、カウンセラーさんからも教えていただいてそういうのができるインターネットのサイトがあったので使っていたことがありました。
おかげで今はピンピンしてますけど、引き続きモチベーションを保つために違う角度で利用できるんですね。
なんだかとっても楽しそう。

コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

サイト内検索

バックナンバー