VOL.83 夏の疲労を残さず、免疫力アップ 「胡瓜とシラスの香味酢の物」

Home > ライフスタイル > kirei キアラ食堂 > 野菜(キアラ) > VOL.83 夏の疲労を残さず、免疫力アップ 「胡瓜とシラスの香味酢の物」
投稿日:2014/09/05

胡瓜とシラスの香味酢の物
■材料 2人分■
・きゅうり 2本
・わかめ ひとつかみ
・しらす 30g
・塩 適量
香味野菜
・茗荷 2個
・生姜 一かけ
・紫蘇の葉 5枚
合わせ酢
・醤油 大さじ1.5
・酢 大さじ2
・だし汁 大さじ2
 
下準備
・きゅうりは、板ずりし、千切りの輪切り。塩で揉み、水洗いします。
・茗荷、生姜、紫蘇の葉を千切りします。
・合わせ酢を作ります。
調理
・わかめを塩抜きし、さっと熱湯にくぐらせ、水に冷やし、細かく刻みます。
・きゅうりとわかめ、しらすを混ぜ、さらに合わせ調味料で和えます。
・器に移し、上に香味野菜3種の千切りを載せます。
胡瓜とシラスの香味酢の物材料
 
胡瓜とシラスの香味酢の物のレシピ  
こんにちは。キアラです。
今年の夏は日本列島、雨で大荒れ。大変な思いをされた方も多かったですね。
心より、お見舞い申しあげます。
 
関東地方は、猛暑が続きました。疲労が溜まっている方も多いのではないでしょうか。疲労が溜まると免疫力が下がり、病気になりやすいので、予防も含め、休息と身体にいい食事を摂りましょうね。
 
今回は、疲労回復を願って、よくある酢の物ですが、ちょっと工夫して薬膳ぽい酢の物をご紹介します。
 
胡瓜は身体の熱を取り、わかめはミネラル補給、シラスは良質なタンパク質を補給してくれます。そこに3種の香味野菜を加えます。どれも殺菌作用はもとより、生姜は身体を暖め、茗荷は血行促進、紫蘇はビタミンAと免疫力をアップ。酢は、疲労回復に役立ちます。
元々、香味野菜、生野菜は酵素の宝庫。さらに味付けをより豊かにしてくれるので、砂糖も要らず、いつもより風味のある酢の物に。
 
是非、いっぱい作って食べて、元気でお過ごし下さい
私も夏ばて解消して、秋はお山に登りますよ~。
 
*キアラ食堂の過去のメニュー&レシピが、一覧になって探しやすくなりました。
http://kireilife-lab.com/column/?cat=4 から。
 
 
私、8月がお誕生日。カエルのおもちゃをもらいました
私の好きなものと言うより、ダディの趣味ですね。
 
 
 
・しらすの代わりに、いかやたこでも美味しいです。
 
・リッチにしたい時は、蟹や鯵のお刺身を入れてね。
 


 
 
酢の力はすごい!!
昔からの調味料で、健康&免疫力アップ

 
 
●酢の歴史
酢は、文献上では紀元前5000年頃のバビロニアで、すでに記録に残されています。
日本へは応神天皇のころに中国から渡来したとされています。律令制では造酒司にて酒・醴とともに造られており、酢漬けや酢の物、膾(なます)の調理に用いられていました。
後には、酒粕を原料とする粕酢や米や麹を原料とする米酢が造られるようになる。江戸時代には前者は紀伊国粉河、後者は和泉国堺が代表的な産地として知られています。
漢字の「酢」と「酒」が同じ部首をもつことからわかるように、酒との関連性が深く、有史以前、人間が醸造を行うようになるのとほぼ同時期に酢も作られるようになったと考えられています。
 
古来から、酢を使うと食物が傷みにくくなることが経験的に知られていました。
お酢は酸味を与える基礎調味料として味作りに幅広く利用されています。料理や食品加工の中では調味だけでなく、その特性を利用したさまざまな使い方があります。
食材の色調や風味、魚の臭みを取る、食感を改良するといった材料の下ごしらえ、抗菌性を生かした日持ち向上など台所の中にも知恵がいっぱいあります。
 
上記の特徴から、料理にも積極的に取り入れられ、寿司を代表に酢の物、煮物に使われて行ったと言う経緯があります。
 
●酢の健康
お酢には調味料としての使い方だけでなく、健康に役立つさまざまなはたらきが知られています。
 
●血液の流れをよくする

お酢には調味料としての使い方だけでなく、健康に役立つさまざまなはたらきが知られています。
 
●酢の健康
さやわかなお酢の酸味が食欲を引き立てます。
 
●疲労回復
人の体内では食べ物を分解してエネルギーをつくり出しています。運動によって消費されたぶどう糖をお酢やクエン酸と一緒に摂ると、血糖値が急激に上昇するのを防ぎながら糖分を補給できます。
 
●カルシウムの吸収を助ける
お酢はカルシウムを溶かし、吸収しやすくすることが知られています。
資料/Wikipedia
キューピー
 
 
 
~無農薬のお野菜達~
 
夏は、無農薬で野菜を作っている方から、野菜がいっぱい届きます。
冬の間に腐葉土で、春は炭の残りを土に入れるので、土の栄養分も高く、野菜の美味しいこと。
涼しい高地で栽培しているので、虫は付きにくいこと、また、ついてもお酢で除去するので、身体に害はありません。
それよりも新鮮な内に食べたいので、食べるのが大変です(笑)
 
 
1回に頂く量。おかげで、この夏はほとんど野菜を買わずにすみました、感謝。
 
トウモロコシ
茹でて、シンプルに食べるのが最高!!
冬瓜、でかいです。
我が家、親達にもあんかけを作って
持って行った上、裁いて、小分け冷凍。
秋も冬瓜料理が楽しめそうだけど、睡眠不足に。
 
 




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

サイト内検索

最近のコメント

バックナンバー