vol.15 ペットが快適・元気で過ごせる風水術 

Home > カルチャー > kirei 風水 > vol.15 ペットが快適・元気で過ごせる風水術 
投稿日:2014/10/10

ミラクルフォーチュン鑑定家レイラの『Kirei風水』

読者の皆様こんにちわ!! 鑑定家のレイラです。
すっかり秋らしい空気になりましたが皆様はお元気でおすごしですか?
今回はペットが元気で快適に過ごせる風水をお伝えします。
私も12歳と10歳の猫を飼っておりますが、病気で獣医さんにかかったことが未だありません。
元気で生活してくれると安心ですよね。

読者の方からご質問を頂いておりますのでお答えします。


Q1.飼っている動物が長生き、元気でいるために、取り入れた方がいいこととは?

A.愛犬や愛猫は言葉を話せませんので鳴く・吠えることで訴えかけております。
つまりは犬や猫もストレスが溜まっています。

(1)犬や猫の目の高さで家具の配列を考える
特に猫は高い場所から見下ろすのが大好きなので、高い場所での居場所を作りましょう。
かじっても良い物・爪でガリガリしても良い場所を作りましょう。
いらずらされて困るような物はしまって下さい。

(2)新鮮な空気をと取り入れる
一日に何回か窓を開けて新鮮な空気を取り入れて下さい。

(3)外を眺められる場所をつくる
室内飼いの動物は一生涯、限られた空間で生活をします。
風を感じたり外の様子を眺められる窓付近に居場所を作るのも良いですね。 

(4)犬も猫も清潔で日当たりの良い部屋が好き
彼らはごみ、ほこりに敏感です。そして、日向ぼっこをするのも好きです。
自分自身で陽に当たることで健康管理をしています。
日当たりの悪い部屋は、間接照明・サンキャッチャーで光を取り入れてみてください。

Q2.犬を穏やかにするには?

A.(1)〜(4)を取り入れた上で、次のことを実践してみてください。

(5)音に敏感
携帯の着信音・ドアチャイム、動物は人間の何倍も音を大きく感じると言われています。
静かで優しい音にする、音量を低くする工夫をして下さい。

(6)不安・脅威を感じるから吠える
動物に害の無いアロマオイルを炊く。
動物の目をしっかり見てテレパシーを送るように会話する。
犬やネコは人間の言葉のイントネーションで理解します。
ちなみに私の猫は小さい頃から英語で会話していたので、英語は落ち着くようです。
以前、ある獣医さんが猫には超能力があって目で会話している。
人間が分かってくれないから鳴いて知らせるとおっしゃっていました。

愛犬や愛猫のためにも、新鮮な空気を取り入れ水周りを清潔にすることが重要です。
私たちがストレスを感じない居心地の良い部屋が落ち着くように、動物たちも同じです。
皆様とペットが健康で楽しく暮らせるよう心からお祈りしております。

鑑定家、ミラクルフォーチュン鑑定家 レイラ

幼少時より未来を予知する不思議な能力があり、12歳の時に父親が他界してから、その力が増す。20代後半から九星学、方位学を学ぶ。過去・未来を透視する能力に加え、バイオリズムや方位の角度から、相談者の状況を観ていくことで確立の高い答えを出す。
相談者のなりたい未来に近づけていく「ミラクルフォーチュン」を生み出す。相談者の恋愛、結婚、離婚、仕事、金銭、事業等のあらゆる問題を解決の方向へ導いている。
2009年1月ホワイトハウスのオバマ大統領にアメリカ経済変革を透視した内容を手紙で送る。2009年5月にアメリカのオバマ大統領より感謝状をもらう。現在、アメリカではレイラの透視どおり、ロス~ラスベガス、ロス~サンフランシスコ間で高速鉄道計画が現実のものとなった。
レイラの鑑定ルーム さいたま市浦和区岸町6-1-2 TEL/FAX: 048-834-3399
http://www.theorientals.jp/




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

サイト内検索

最近のコメント

バックナンバー