「南ヨーロッパの陶器」 by ZUCCA Vol.1

Home > kirei アートギャラリー > 「南ヨーロッパの陶器」 by ZUCCA Vol.1
投稿日:2014/11/06

Kireiアートギャラリー 気になるあの人の個展!!第46回

今回のKireiアートギャラリーは、当サイトに研究員としてもご参加くださっている、ZUCCAさんの陶器コレクションです。
 
ZUCCAさんは、お父様の仕事の関係で子供の頃をヨーロッパで過ごしました。今と違って、のんびりした時代。おやすみの日は、いろいろな国を家族で旅行したそうです。大人になってもネイティブな英語力をかわれ、仕事で世界を回りました。
家族も英語を活かし、世界中を回っていたため、沢山の陶器が手元に入って来ました。
今回はヨーロパの南を中心としたコレクションをお届けします。昔ながらの伝統陶器や現代風のものまで、うっとりする数々の陶器コレクションを是非お楽しみ下さい。
 
 
 
 
 
イタリア/フィレンツェ
フィレンチェの陶器は、昔ながらの伝統工芸と今風にアレンジされたものが共存しています。
 
昔ながらの大皿。柄がシックですが、昔ながらの色合いです。 昔ながらの水入れ。
今風の大皿
クラシカルなのにモダン、この薄い
色合いはまさに現代風。
今風のパスタ皿
繊細な色と柄です。
今風の小皿
色つきと単色。どちらも愛らしい鳥柄。
 
 
イタリア/ローマ
ローマの陶器は、伝統工芸よりも作家ものが多く、色、柄共におしゃれなものが多いようです。
 
パスタ皿
色といい絵柄といい、昔の良さを残しながら現代的。
猫の水入れ
この顔、この手足、シッポ、かわいいです。
  額と花瓶
素焼きです。鹿の柄がなんとかわいいのでしょう。
 
 
イタリア/シチリア
シチリアは、太陽の国。過去、沢山の国に支配されながら独自の文化を守ってきたのは、太陽を心の神としてあがめてきたから?
 
お面 ワインのコルク タイル
 
 
ポルトガル
ポルトガルは、花柄や動物柄などの自然で素朴な絵柄が多く、色使いも明るい原色使い、どこか昔ながらの工芸で、ほっこりさせてくれます。
 
花の大皿
絵柄に彫刻のような彫りが入り、
立体的なお皿です。
にわとりの大皿
ペインティングのみの
まっ平らなお皿です。
花瓶
部分的に彫刻のような
彫りが入っています。
 
花の小皿 幸せを呼ぶフクロウ 愛嬌ある子豚ちゃん
 
 
スペイン
スペインも、ポルトガルに通じる昔ながらの素朴な絵柄が多いのですが、花柄が抽象化されたり、シックな色使いなど、洗練されている感じを受けます。
天井に近い柱壁に飾ると、南ヨーロッパの家のようにいい感じです。

 
シックな色と花柄の小皿 シックな色と家&花柄の小皿 藍色一色の小皿
昔ながらの小皿 灰皿 灰皿
 




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

サイト内検索

バックナンバー