第44回 「NEW地元に少女時代降臨!」

Home > ライフスタイル > kirei ママ > 第44回 「NEW地元に少女時代降臨!」
投稿日:2015/01/20

規央の「育児も美容ものんびりやってルンルン、ごめんあそばせっ」


どうも 規央です。
年末年始はいかがでしたか?
規央は毎年のようにダンナと私の実家へ行き、新年の挨拶をしました。

さて、30代前半から立て続けに襲ってきた厄年も終わり、2015年は年明けから妙なやる気が湧いてきました。なんと規央にはめずらしく新年の目標を立てたのです。
記事の更新をこまめにすること!!
これは昨年の反省からきています。
2014年は数年ぶりに生活が激変したので心身ともに大変で、記事の更新がマチマチになってしまいました。いつも楽しみにしてくださっている方、ごめんなさいでした(いるのか!?)。

でも今年は“東京出戻り2年目”になりますから、気を引き締めて、みなさんにいろいろと面白い話を提供できるよう、頻繁な更新をがんばりたいと思います。これからもよろしくお願いします。

ということで、1カ月前の話なのに昨年の話になってしまうという、タイミング的にちょっと悲しい感じですが、恒例の、規央の好きな少女時代話です。

なんとですね、12月の上旬に、規央のNEW地元に少女時代がやってきたのですよ~。
「NEW地元」とはいったいどこぞや?
とアナタ、思いましたよね?
実は東京ドーム周辺なのです!!
いいのか? バラして。でもバラさないと話にならない。

昨年の8月に少女時代が東京ドームで1DAYライブをすると発表した時、規央は狂喜乱舞しました!!
ライブがあるというだけでなく、なんと自身初の、「家から徒歩でコンサートに行ける」という機会がやってきたのです。こんなこと、普通ないよね。
わたくしアラフォーですが、今までこんなことなかったです。

実は名古屋に住んでいた時も「日本ガイシホール」という会場が近くて、自転車で2~30分くらいだったんです。
それでも近いなぁ、なんて思ってたのに、徒歩って、近すぎるだろ!!

徒歩圏内で行けるのにチケット取れなかったら、絶対に泣くと思ったので、規央は1年以上悩んでいたファンクラブにサクッと加入し、ファンクラブ先行でチケットを取りました。
今回はダンナではなく中学からの友人E子と参加。
彼女も少女時代が好きなんだって。
意外と近い所にファンがいた!! ビックリ~。

当日は徒歩圏内でドームに行けるという地の利を活かし、ユウニャンを幼稚園に預けたら、そのまま自転車でドームへ直行。
コンサートグッズを買いに行きました。

10時販売開始だったのですが、もう長蛇の列で。
東京ドーム前から水道橋駅に近い施設のほうまで、東京ドームホテルを取り巻くようにズラズラ~ッとファンが並んでいました。
グッズ買うのに1時間半も並んだよ、疲れた。

その日は本当に寒くて、たった1人で並んでいるのがつらかったので、隣りにいたおじさんに話しかけちゃった。
おじさんは名古屋から来たそうで、なんと実家が規央の住んでいた場所だったの!!
当然、名古屋話(イチビキの調味料はウマいとか、あの銭湯はマンションになったとかね)で盛り上がりました。一緒にグッズを買い、握手までしてお別れしたよ。


肝心のライブですが、とってもよかった。
とくに韓国デビュー曲をバラードで歌ったラストは、あの日参加したみんながネット上で言っていたように、素晴らしい感動的な体験でした。

実はこのライブ、9月末にメンバーが1人離脱してしまったため、このライブを8人でパフォーマンスしたんです。
だから少女時代の本気度が凄かった。
絶対成功させる! みたいな気合いがビンビン伝わってきました。
3rdツアーファイナルもよかったけど、彼女たちのオーラや目ヂカラはこっちのほうが凄かったよね~。

それなのに規央の席。
今回アリーナだったのに隣が機材。
右側が音響や機材などスタッフがいる場所だったので、ポッカーンと大きな空間が・・・。
フェンス挟んだ隣でオジサンがカメラで映像取ってた。
カメラがこっち向いている時なんか、頭ぶつかるんじゃないかと思ったわ。

コンサートって、歌手がよく見えるかどうかだけでなく、ファンのみんなで掛け声かけたり、ワーキャー言ったり、一体感を楽しむのがいいんだよね。
なのに右を向いたら、真顔のスタッフ、そして空間・・・。
掛け声に若干不安ありの規央は、後ろの若いコアファンにーちゃん達の掛け声だけじゃ、どこで声出すのかタイミングがわからなかったぁぁぁ!!

一緒に行った友人のE子だって、「前列の男の背が高くて見えない」とふてくされてたし、スタンドのほうがよかったかも。クジ運なくてゴメンね、E子。
でもひさびさに生少女時代が見られて、感動的なライブ内容で最高でした。

帰りにダンナと後楽園の駅前で待ち合わせして帰ったのですが、グッズを持っている人たちを見て、
「あ、少女時代の残党がいる」と言っていました。
規央も家まで、コンサートグッズのナップザックを背負って帰ったもんね。
この日は地元に残党がウロウロしてたから、全然恥ずかしくなかったよ。
前回の代々木の時なんてツアーTシャツ着たまま、渋谷から後楽園まで電車乗って帰ったんだけど、残党がどんどん消えていくからすっごく恥ずかしかったよ、マジで。
ではまた次回。

ユウニャンは最近「アイカツ」にハマっています。
たまたまディズニーチャンネルで見たら、
好きになったらしい。
私よりキャラクターの名前を知っているからビックリしました。


kireiママ

ママネーム:規央(のりお)

コピーライター。現在、休業中の専業主婦 34歳。健康食品会社のハウスエージェンシー、広告代理店に勤務後、夫の転勤により名古屋へ。趣味は化粧品のパンフレット集めと勉強、読書。

息子が5ヵ月の頃から始めたこの奮闘記、あっという間に2年が過ぎ、息子も2歳7ヵ月になりました。つねに悩み、考えながら、育児を続けています。同じく、美容も!!  子が成長するということは親は年を取るということ。自分の老化現象にショックを受けながらも、「継続は力なり」をモットーにせっせと美容対策を実行中。そんな、育児と美容に奮闘するリアルな姿をこれからもお見せします。

いつもフル回転のママ、忙しさが一段落した先輩ママのみなさん!毎日てんてこまいの私にアドバイスやご意見をお待ちしています。




この記事へ 2 件のコメント

アンジェリーナ

2015年1月21日 at 9:49 am

則央 様

久しぶりに楽しいコラム、読ませて頂きました。
私も東京に住んでいるので、東京の情報は身近に感じます。
コンサートも最近行っていないのですが、一緒に行っている気になりました。
いいですね!!
これからも、楽しみにしています。
しかし、ユウにゃんもママに似たのか、新しいものをキャッチする能力高いですね。さすが!!

    規央

    2015年2月2日 at 3:47 pm

    アンジェリーナ様

    コメントありがとうございます。
    返信遅くなり、申しわけありません。

    私のコラムを読んで、「コンサートへ一緒に行っている気になった」と感想をくださり、
    本当にありがとうございます。
    コラムを書くことに対してとてもヤル気になりました。

    コンサート、楽しかったですよ!!
    非日常空間でワーキャーするのって、ものすごくストレス発散になりますよね。
    次の日からまたいろんなことを頑張ろうという気になりますし、
    だからチケットが高くても行きたくなるんだと思います。

    ユウニャンはどうもキレイなものが好きなようですよ。
    アイカツは洋服がキレイでかわいいんだそうです。
    よく見てるなぁと思っています。

コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

サイト内検索

バックナンバー