vol.45 きゅうりのナムル

Home > ライフスタイル > K's kitchen > 野菜(K's) > vol.45 きゅうりのナムル
投稿日:2015/07/01

『きゅうりのナムル』
きゅうりのナムル

材料 (4人分)
きゅうり・2本
塩・少々
しょう油・少々
胡麻油・こさじ1
白煎り胡麻・小さじ1
糸唐辛子(飾り用)・少々


きゅうりのナムルレシピ
レシピのポイント

簡単にできるお漬物感覚の箸休めの1品です。きゅうりのシャキシャキ食感を楽しみましょう。


ニューヨークミラノ暮らしのレシピ『簡単~おうちごはん@ミラノ』

みなさま、こんにちは!
料理教室 K’s kitchen Brera Milano 入交啓子です。お元気ですか?
ミラノは1番暑い6月が終わり、少しずつ秋にむかっています。日本はそろそろ梅雨に入り、暑くなってきた頃でしょうか。お子様達の夏休みも始まる時期で何かと忙しくなりますね。

毎日のおうちごはん、大切ですが、簡単にしたいときもありますよね~。そんなときにぴったりの私のとっておきのレシピをお届けいたします!参考にしていただけるとうれしいです。



「お肉オムレツ」
お買い物にも行きたくない~!そんな時にも便利な簡単でボリューミーな夕食メニューです。
牛ひき肉をぽろぽろになるまで、少量のオリーブオイル+お塩少々で炒めて粗熱をとっておきます。

玉子を割り入れて挽肉をよく混ぜ、熱々に熱したフライパンでサーッとオムレツにします。
生クリーム少量を加えるとまろやかなお味になりますよ。
また、薄切りにして茹でたジャガイモ加えればを、食べ盛りのお子様にもぴったりのおかずになります。



「ガスパチョ」
暑くて火も使いたくない!そんな日にも便利で、飲むサラダ!栄養満点の冷たいスープです。
水煮トマト缶・玉葱少量・にんにく少し・エキストラバージンオリーブオイル・ワインビネガー(穀物酢でもOK)少々・塩・コショウ。
これらをミキサーにかけるだけです。簡単でしょう~?

玉葱とにんにくは軽く炒めてから入れると味がマイルドになります。
生の玉葱とにんにくを入れる場合が前日に作って、冷蔵庫で1日寝かせると味が落ち着いて美味しくなります!
クルトンかわりに、ナッツ類などをかけると食感もよく、栄養満点です。



「揚げ茄子蕎麦」
私は冷たいお蕎麦が大好きなんです。
ミラノやニューヨークにいても、時々いただきます。
1皿で栄養バランスもいいように作ってみました。

お茄子は油ととても相性がいいお野菜ですが、揚げると高カロリーになるのが悩みどころです。
ヘルシーに仕上げるために少量のオリーブオイルを入れたフライパンで焼きつけています。
少し焦げ目がつくくらいに強火で焼くと揚げたような風味になりますよ。

日本蕎麦は茹でて冷水でしめ、そばつゆを注ぎます。
さらした葱の小口切り・花鰹をたっぷりとのせ、焼いたお茄子をのせて完成です。お好みで大根おろしをのせても美味しいですね。



「あさり土鍋ごはん」
私は土鍋でよくご飯を炊きますが、炊飯器でも簡単に美味しいあさりごはんが作れます。

浅利は砂抜きして、調理の直前によく洗っておいてください。
炊飯器にお米・水加減は普通より気持ち少なめで計量
・出汁昆布5cmくらい
・お醤油ほんの香りづけ程度に小さじ1くらい
・日本酒大さじ1くらい
・生姜の千切りたっぷり
・最後にあさりをのせてスイッチオン!こでれおしまいです(笑)。

忙しいときは、このあさりごはんにお汁ものと、今回イラストレシピをアップしている『きゅうりのナムル』があれば完璧!
(炊飯器の水加減はあさりから出てくる水分・お酒・お醤油分を加味して大さじ2程度は少なめにしてください)

K’s kitchen 入交啓子

日本雑穀協会資格認定者のいる料理教室、日本野菜ソムリエ協会認定料理教室 主催。 虎屋グラフィックデザイナー、ABCクッキングスタジオ、abc-キッズ、パンツエッタ貴久子氏のイタリア家庭料理教室「La Tavola di Tata」を経て独立。
野菜ソムリエ&雑穀エキスパートの小さなお料理教室「K’sKitchen」を東京の自宅からスタート。 現在、ニューヨーク・ミラノ・東京の3都市に自宅兼お料理教室を置き、3カ国でお料理教室「K’s Kitchen Brera Milano」を主催。それぞれの国の料理を紹介すると共に、3カ国の料理をミックスするなど独創的なメニューを日々創造中。




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

サイト内検索

バックナンバー