第2回 ワンちゃん・ネコちゃんの皮膚トラブルにはこんな対応を

Home > ライフスタイル > kirei ペットケア > 第2回 ワンちゃん・ネコちゃんの皮膚トラブルにはこんな対応を
投稿日:2015/06/20

「きれい生活研究所」読者の皆様こんにちは!
トリマー・高橋由香里です。

先日、パピーパーティー・ケアスタッフの研修のため関西へ行ってきました。
2日間の研修だったのですが、この世界で有名な先生の指導の下、とても濃い内容でした。社会性のあるワンちゃんに育てるための行動学を学び、ものすごく勉強になりました。私たちが実施するパピークラスとしつけ教室で活かせるように、
「ちゃんと復習しなくちゃ!」
と思っているところです(でも、忙しくてなかなかできないんですよねぇ…)。

このコラムでは、ワンちゃん・ネコちゃんと毎日を楽しく暮らすためのケア法をお伝えしていますが、
第2回目は「ワンちゃん・ネコちゃんの皮膚トラブルにはこんな対応を」です。

健康なワンちゃん・ネコちゃんの皮膚はバリア機能を持っているので、通常は皮膚の機能が正常に保たれています。でも、その機能が何らかの原因で弱って(壊れて)しまうことにより皮膚トラブルが起こります。

私たちが実際によく見るトラブル(症状)を挙げてみますので、皆さんのワンちゃん・ネコちゃんの皮膚をチェックしてみてください。

1、皮膚・被毛がベタベタ、体臭がキツい(脂漏症)
皮膚から脂が出過ぎてしまう状態です。

シャンプーやコンディショナーが合っていない場合や、肌の再生サイクル(ターンオーバー)が正常に行われていない場合などでこの症状が出やすくなります。この症状になると、外部からの刺激(ホコリ、ハウスダスト等)を受けやすく、それらの刺激でさらにグチュグチュしたり、かゆみにつながることがあります。

◎こんなケアをしてみて
まず、余分な体の脂を取り除いてあげることが大事です。
シャンプーをつける前に、しっかりとシャワーで下洗いをして脂を取ってあげましょう。ワンちゃん・ネコちゃんの大きさによっても変わりますが、5分くらい下洗いをしてあげてね。

2、フケ・抜け毛が多い、毛がパサパサ(乾燥肌)
皮膚に水分が足りていない状態です。

この症状も、シャンプーやコンディショナーが合っていなかったり、肌の再生サイクル(ターンオーバー)が正常に行われていないのかもしれません。もし、部分的にフケや抜け毛が多い場合はダニが原因の可能性もあります。

◎こんなケアをしてみて
こちらもシャンプー前の下洗いが大切になります。しっかりとシャワーをかけてあげることで、体に水分を充分補ってあげましょう。

3、口、眼の周り、耳、内股、脇の下が赤い
アレルギー反応が出ている可能性があります。

アレルギー反応の原因として考えられるのは、例えばハウスダスト(ダニ。ホコリ)、花粉、草など外側からの刺激や環境的なもの。また、食事、おやつ、ペットが口に入れているものなどがあります。

◎この場合は?
アレルギーの原因を特定することが重要です。動物病院ではアレルギー検査もできますよ。

4、ポツポツ赤い、湿疹(毛胞炎)
毛穴の炎症です。

赤くポツポツとか、ウミの入った小さなポツポツできるなどがあります。春先から夏にかけては、ノミ・ダニに刺された直後に出てくる刺傷も多くなります。

◎この場合は?
ポツポツが広がったり、数が増えたり、かゆみをともなったりしないかどうか注意してあげてください。すぐ治らない場合は放っておかず、動物病院にご相談ください。

5、毛玉がある

ブラッシングが不足していたり、シャンプー後のドライが不十分な場合、また洋服の着せっぱなしでも毛玉ができることがあります。これがもとで皮膚に炎症を起こしたり、かゆみをともなうことがあります。

◎こんなケアをしてみて
まずは一度きれいに毛玉を取り除いてみてください。飼い主さんが上手にできない場合はトリマーに頼んでください。その後すぐ、また毛玉ができるようなら動物病院にご相談ください。

6、イボ、シコリ、おでき

皮膚の表面に出るイボや、脂肪の小さなかたまりであることが多いのですが、小さな腫瘤・初期の腫瘤の可能性もあります。

◎この場合は?
「ただのイボだよ」などと安易に判断せず、動物病院にご相談ください。


7、ハゲ、脱毛、毛が薄い

(精神的)ストレスや加齢が原因かもしれません。また、内蔵の病気や甲状腺機能低下、ホルモンバランスの乱れ、免疫力の低下なども考えられます。

◎この場合は?
「年取ったからじゃない?」などと安易に判断せず、動物病院にご相談ください。

皮膚トラブルの治療は、症状が進んでしまう(ひどくなる)と回復まで時間がかかってしまいます。
症状が軽い段階で動物病院で診察することで、薬用シャンプーやサプリメント、塗り薬・飲み薬で悪化を防ぐことができますよ。

ところで前回「ネコちゃんはお水が大キライ(シャンプー嫌い)!」と言いました。ですから、ネコちゃんの皮膚チェックをする機会が少なく、見きわめが難しい場合もありますよね。

そこで「ネコちゃんの皮膚トラブルの見きわめ方」を、当動物病院の内田達夫院長に、私・高橋由香里が突撃インタビュー!

高橋 ネコちゃんの皮膚トラブルの見きわめ方って難しいじゃないですか。院長、私のコラムの読者にわかるように説明して!

院長 え~、ネコちゃんの皮膚トラブルの見きわめを説明するのは難しいなぁ…。

高橋 仕方ないですねぇ…。じゃあヒント出してあげます“グルーミング”…。

院長 あ、そうそう!ネコちゃんは“グルーミングをする”という習慣があります。このグルーミングが過剰になっていないか、またはサボっていないかを、よく観察することがとても重要です!

高橋 グルーミングが過剰な時は、どんな症状が考えられますか?

院長 過剰な場合は3つ考えられます。
   1、かゆみ アレルギーや感染症、外部寄生虫症が原因で、脱毛やフケ、場合により細かいカサブタができることもあります。
   2、いたみ 膀胱炎や巨大結腸症(便秘)などが原因で腹部が脱毛します。
   3、ストレス 脱毛が特徴ですが、皮膚が赤くなることはなくカサブタも見られません。

高橋 それでは、グルーミングをサボる時は?

院長 口内炎で口が痛いとか、関節炎で体を曲げると痛い、というような場合です。そうすると毛がゴワゴワして、場合によっては毛玉ができることもあります。

高橋 そういう症状に気づいたら、飼い主さんはどうしたらいいですか?

院長 やはり動物病院で診察を受けてほしいですね。できれば当院にお越しくださ…。

高橋 院長、これは私のコラムですから!自分の宣伝はやめてください~。

梅雨まっただ中のこの時期は、真菌(カビ)が増加します。特にネコちゃんはカビに弱いので、皮膚トラブルが出やすくなります。皮膚のケアをしっかりしてあげてください。もちろんワンちゃんもね!

次回、Kireiペットケア 第3回は「シャンプー剤の選び方」を予定しています。お楽しみに!

高橋由香里

トリマー。動物の皮膚科専門の病院セミナーにおいて、それぞれのワンちゃん・ネコちゃんに合った一番良いシャンプーの選び方や、皮膚の対処法を学ぶ。現在は、うちだ動物病院(神奈川県)内でトリマーとして活躍。認定パピースタッフを目指して、しつけ・問題行動などについて専門的に学ぶ。より高度なトリミングを探究している。

うちだ動物病院 トリミング
http://www.uchida-animal-hospital.com/trimming/index.html
うちだ動物病院
http://www.uchida-animal-hospital.com/index.html




この記事へ 4 件のコメント

水まんじゅう

2015年6月21日 at 3:26 pm

いつも丁寧なアドバイスありがとうございます!早速、”水慣らし” トレーニングを開始しました。結果は…ま、気長に(笑)どういう事で。ところで、今回のコラムかなりシリアスでしたね~。添付されてる写真もリアルで、すごく勉強になりました。ペットもただただ、可愛いだけでなく、きちんと責任を持ってケアしてあげなくては、と痛感しました。幸い、見たところ書かれていたような症状はありませんでしたが、なにぶん飼い主が大雑把な方なのでなかなか獣医さんに行こうとしないんです。こんな腰の重い友人に効果的な説得はありませんか? 一言ビシッと言ってやりたいんです。

    高橋由香里

    2015年6月22日 at 4:05 pm

    水まんじゅう様
    こんにちは、高橋です。
    今回もコラムを読んでいただき、コメントもありがとうございます。
    水慣らしトレーニングを試してくれているようで嬉しいです!
    気長に少しずつ…という気持ちで頑張って下さいね。
    今回の皮膚トラブルについては、まだまだお話したいことがたくさんあります
    が、全部お話しすると半日以上しゃべり続けてしまうので…(笑)。
    水まんじゅうさんのお友だちのネコちゃんは、皮膚トラブルに当てはまる症状が
    ないみたいで一安心ですね。
    私にも大雑把な友だちがいます!(笑)
    そのお友だちにいきなり「獣医さんに行って!」と言ってもムリですよね。
    私は自分の友だちに「獣医さんに行かなくてもいいから、まずは電話で動物病院
    に相談してみて」と言っているんです。
    「動物はしゃべれないから代わりに電話してあげて~」とかわいく言ってます(笑)。
    水まんじゅうさんもお友だちに、ぜひ試してみてください。
    3回目のコラムも読んでくださいね。

水まんじゅう

2015年6月23日 at 9:31 pm

お返事ありがとうございます。ぜひ、トライしてみます。結果はまた報告させて頂きますね。

    高橋由香里

    2015年6月30日 at 9:40 am

    水まんじゅうさんへ
    お友だちのニャンズのために、ぜひ、トライしてみてくださいね。気長にね(笑)。

コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*