投稿日:2015/07/27

皆様こんにちは、フラワーデザイナー・YURIです。

今回の舞台は、私のお気に入り、
小さなイタリアンレストランです。

つい足が向いてしまうレストランというのは、食事の味わいもさることながら、お店の持つ雰囲気や居心地の良さが気に入っているように思います。
もちろん、ちょっとしたフラワーアレンジがムードづくりに一役買っているお店も多いですよね。

【小さなイタリアンレストランのカウンターにそっと彩りを添えるミニフラワー】

このイタリアンレストランは、インテリアが茶色やベージュで統一感があり、シンプルでスッキリしている印象です。
昼間は自然光が差し込み、夜はダウンライトがワインやプレートを照らす、大人の空間。
依頼内容は、「爽やか」「夏らしく涼しげ」「料理の邪魔をしない」という3つがキーワード。
カウンターやテーブルをそっと飾る小ぶりなフラワーを4つで、ご予算は20,000円です。

まずはカラーイメージのすり合わせ

まず、3つのキーワードをクリアするために、色合いをイメージしました。
「サラダボウルのような、グリーン×イエローはいかがですか?」
と、店長さんにご提案したところ、
「爽やかでいいんじゃないかな」と快諾されました。
「あと何か、ちょっとした個性みたいなものがあるといいなぁ…」
と、追加のご要望をいただきました。

レモンとライムでほんのり面白さを加えて

翌日、「ちょっとした個性を出したいかぁ…、何を使ったら喜ばれるかな?」
と、思いながら雑貨屋さん巡りをしていました。

そこで、思いついたのが、レモンとライム。
本物に見えますが(塩化ビニルでできた)作り物なんです。

これらは、雑貨屋さんなどで販売されている本物そっくりの果物シリーズ(5個で1500円くらい)。
その中から、今回のテーマカラーに合うレモンとライムを選びました。
適度なツヤ感があり、本物みたいなジューシーさ!
背の低いアレンジにすれば、カウンター越しのお客様とのやり取りにも邪魔になりませんよね。

細長い長方形のガラスの器を用意しました。
レモンとライムをただ入れただけでも、爽やかでインテリアに早変わり!


より涼しげに見せる、こんなアイテムをご紹介

レモンとライムのほかに、涼しさを感じさせるアイテムを用意しました。

「bubble jelly」という、プニプニしたビー玉のようなもの。観葉植物の水栽培をするグッズで、ホームセンターや花材屋さんなどで入手できます(1袋10gで100円くらい)。
たった1〜2mmの小さな粒が、水につけて8 時間もすると、ビー玉サイズに変化します。
見た目が涼しいだけでなく、においや虫の発生がなく清潔なので、食卓に置いても安心です。

そして、合わせるアーティフィシャルフラワー(生花にはない美を表現した高品質の造花)も揃えました。
白とグリーンのスノーボール、黄色のラナンキュラス、レザーファン、ベリー、グリーンネックレス。

これらのフラワーを短くカットして、レモン&ライムとbubble jellyの間にアレンジしていけば完成です!

小さなレストランにミニアレンジを飾ってみた

完成したアレンジメントは、店長やレストランスタッフから
「料理が引き立って、涼しげで食欲をそそりそう」と絶賛され、嬉しかったです。
こちらもカウンターに、ミニアレンジを2つ。
エントランスには、ちょっと背の高いミニアレンジ。

ミニフラワーで、お客様がふと気持ちをリラックスしてくれたり、
忙しいスタッフが、ホッと一息つく瞬間が生まれるといいな…と思いました。

【さいごに】

今回はカラーセラピーのお話を。
グリーンとイエローについての心理効果をお知らせします。

「グリーン」は木や森などの自然の色で、気持ちを穏やかにしてくれるリラックスの色です。
また、バランスや調和の色で、和みや人との協調的な空気をつくってくれます。
「イエロー」は、見ているだけで心が弾み、楽しい気分にさせてくれる色。コミュニケーションを円滑にしてくれます。
今回アレンジをした「明るいグリーン×明るいイエロー」の組み合わせは、気持ちを穏やかにしてくれる中にも、楽しい気分を取り入れてくれる効果があります。
この色の組み合わせを食卓に置くことで、みんながリラックスした雰囲気の中で、楽しい会話が弾むに違いありません。

「ミニフラワーをアレンジする時の、一工夫をおしえて?」など、ご質問がありましたら、ぜひYURIまで。
皆さんのご意見・ご質問をお待ちしています。

第4回は「可愛くなりすぎない、男性向け誕生日のフラワーギフト」を予定しています。
ぜひお楽しみに。

YURI フラワーデザイナー

ウェディングフラワーや贈り物のアレンジメントのフラワーデザイン、店舗・レストランや個人邸宅内を飾るトータルフラワーコーディネートを行う。 「お客様と話し合う時間を多くとり、イメージの共有を大切にした上で作りあげる」のがYURIのフラワーデザインのコンセプト。
母の影響で幼少期より華道(草月流)を学ぶ。
薬剤師。アロマセラピーアドバイザー。フラワーライフセラピスト。
ErvaNote http://ervanote.com/




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*