vol.47 失敗のない明太パスタ

Home > ライフスタイル > K's kitchen > ご飯・パスタ・パン(K's) > vol.47 失敗のない明太パスタ
投稿日:2015/09/01

『失敗のない明太パスタ』
失敗のない明太パスタ

材料(2人分)
・辛子明太子 1腹
  (細長い卵のまとまり2本) 約80g
・エキストラバージンオリーブオイル 大さじ2
・バター(有塩) 5g
・生クリーム 小さじ2
・パスタ 200g
  (リングイネ または スパゲッティーニ)
・塩(茹で湯用) 小さじ1/4
・仕上げ用 青紫蘇 10枚 焼き海苔 適量


みなさま、こんにちは。
料理教室 K’s kitchen Brera Milano 野菜&雑穀ソムリエの入交啓子です。
私は日本に帰ってきた時にはよくこの明太子パスタを作ります。
私の住んでいるイタリアのミラノでは明太子は手に入らないので日本にいる時だけの味!です。
もちろん、ミラノには明太子パスタはないんですよ(笑)。
これは家族からのリクエストも多いパスタ料理です。
明太子パスタ、意外と簡単そうで実は何を加えていかわからない、というお声をよく聞きます。
詳しい材料の分量と作り方をご紹介いたします。
簡単で美味しく失敗のないレシピです。
ぜひ作ってみてくださいね!

材料を用意します。私は平たくて太めのリングイネが食感があり好きですが、スパゲッティーニもおすすめです。
 
生クリームは少量なのですが、このパスタを美味しく作るポイントです。なければポーションパックになったコーヒーフレッシュでも代用できます。
仕上げ用の青紫蘇と焼き海苔はお好みで適量をご用意ください。

明太子をほぐします。明太子の表面に縦に包丁で切れ目を入れます。
一般的に言われている包丁の背で明太子をしごくよりも、ゴムベラで優しくこそげ取った方が皮だけ上手く残り、明太子が無駄なく取れるような気がします。
まな板は魚介類など香りの強いもの専用に1つ用意なさるといいでしょう。私はニューヨークのスーパーで$3で買ったビッグアップル型の赤い小さなまな板を魚介用に使っています。牛乳パックを開いて洗い乾かしたものをお魚用に使って、その都度、新しくするという方法もおすすめです。

ゴムベラを使い、材料をよく混ぜ合わせます。
この時、バターが溶けなくても、あとで茹で湯と熱いパスタを加えれば溶けるので大丈夫です。

茹で湯を沸かします。たっぷりのお湯に茹で塩を小さじ1/4加えておきます。
パスタを茹でるお鍋は大きいものだとお湯をきったりするのが重くて大変ですし、パスタの長さ全部を入れるためにお湯も大量に必要とします。
私は直径28cmのフライパンを使います。これだと、パスタを曲げずに入れることが出来て便利です。

茹で湯が沸騰したらパスタを入れて茹でます。
パスタは入れたらお湯が再沸騰するまでしっかり混ぜます。

再沸騰したら、時々、かき混ぜるだけでパスタどうしがくっつかなくなるので大丈夫です。

パスタの茹で時間はパッケージに表示のあるアルデンテの茹で時間よりも1分早めにして食感を残します。仕上がり直前になったら、材料の入ったボールに茹で湯を大さじ2加えてて混ぜておきます。こうすることでパスタとも絡みやすくなります。
盛り付け用の食器も温めておきましょう。

茹であがったパスタをザルにあけ、素早くお湯をきります。材料の入ったボールに入れ、よく混ぜ合わせます。パスタが冷めないようにこの作業は手早く行います。

温めておいたお皿にパスタを盛り付けます。菜箸やトングを使い、こんもりと高さをだすように盛り付けると立体感が出て、美味しそうに見えますよ。
仕上げにお好みで細く切った青紫蘇と焼き海苔をのせれば、美味しい明太子パスタの出来上がりです!

ポイント
辛いのが苦手な方やお子様には明太子はタラコでも代用できます。材料の分量は同じです。
明太子もタラコもなるべく着色料の使っていないものを選びましょう。

プチうんちく
ご存知でしたか?
タラコは1腹(はら)単位で数えます。
これはスケソウダラが1回の産卵で産む分量の卵という意味だそうです。
細長い卵のまとまり2本(左右の卵巣)で1腹です。

K’s kitchen 入交啓子

日本雑穀協会資格認定者のいる料理教室、日本野菜ソムリエ協会認定料理教室 主催。 虎屋グラフィックデザイナー、ABCクッキングスタジオ、abc-キッズ、パンツエッタ貴久子氏のイタリア家庭料理教室「La Tavola di Tata」を経て独立。
野菜ソムリエ&雑穀エキスパートの小さなお料理教室「K’sKitchen」を東京の自宅からスタート。 現在、ニューヨーク・ミラノ・東京の3都市に自宅兼お料理教室を置き、3カ国でお料理教室「K’s Kitchen Brera Milano」を主催。それぞれの国の料理を紹介すると共に、3カ国の料理をミックスするなど独創的なメニューを日々創造中。




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

サイト内検索

バックナンバー