第6回 ワンちゃん・ネコちゃんのデンタルケア

Home > ライフスタイル > kirei ペットケア > 第6回 ワンちゃん・ネコちゃんのデンタルケア
投稿日:2015/10/20

皆様こんにちは!トリマー・高橋由香里です。
今回は「デンタルケア」のお話です。

皆さんのワンちゃん・ネコちゃんは毎日ハミガキしていますか?

私たち人間と同様、ワンちゃん・ネコちゃんも毎日のハミガキが必要なんです!
約3才以上のワンちゃん・ネコちゃんの80%以上が歯周病になっている!って、知っていましたか? なんと、1才未満から歯周病は始まり、知らないうちにどんどん進行しています。ですから、小さい頃からのデンタルケアがとても大切ですよ。
 「最近、うちの子の口が臭い…」
そう感じた時には、もう歯周病が進んでいるかもしれません。歯周病は口臭の原因だけでなく、内臓にも大きな影響を及ぼしますので、注意が必要です。

●歯周病って、なぜおこる?

歯周病は、細菌によって炎症がおこり、ほっぺや目の下に穴があいたり、あごの骨を溶かしてしまったりします。口内の血管を通り、血液の流れとともに体全体に広がりますので、心臓をはじめ色々な臓器にダメージを与えてしまうのです。
特にワンちゃんは、人間の数倍 歯石が付きやすいのです。ご飯を食べてから6〜8時間で歯垢が付き、2〜3日で歯石になってしまいます。

●歯周病にならないために。まずは!

ハミガキを始める前に、まずワンちゃん・ネコちゃんの口内の状態を確認しましょう。
すでに歯石が多く、歯茎に炎症がある場合は、ハミガキによって痛みや炎症をひどくしてしまう場合もあります。
飼い主さん自身では判断が難しい…とか、けっこう口臭が強い場合は、無理をせず獣医さんに診てもらうようにしてくださいね。歯石がいっぱい付いている場合は、動物病院でスケーラー(歯石除去)をしてもらうことが必要です。

★うちの子はどんな状態?写真を参考にチェックしてみてください

皆さんのワンちゃん・ネコちゃんはどれにあてはまりますか?

A   B
C D
 

A、健康な歯。毎日のハミガキでキレイな歯を維持しましょう!
B、部分的に歯石が付き始めています。このままにしておくと口臭、歯周病の原因になります。すぐデンタルケアを始めてください。
C、歯全体に歯石が付いてしまっています。歯茎の炎症も出ているので、一度獣医さんに相談しましょう。
D、歯石がびっちり付いて、歯の形がわからなくなっています。歯茎にも炎症があり、痛みもあると思います。動物病院でスケーラー(歯石除去)が必要です。状況によっては抜歯しなければいけない場合もありますが、早めの対処が第一です。

●うちの子に合った歯ブラシを選ぼう!

ワンちゃん・ネコちゃんのデンタルケアは、正しいケアをして、正しい製品を選ぶことが重要です。…なかなか文章だけでは伝わりにくいのですが…。

★注意!
「無理やり口を開けて歯ブラシでゴシゴシ!」は、ダメ絶対!
そんなことをしたら、どんなにお利口なワンちゃんでもハミガキが大嫌いになってしまいます。ネコちゃんはパニックになり、歯ブラシを見ただけで「シャー!」と怒りだす子もいます(笑)。

そうならないために、
時間をかけて、ゆっくりとハミガキに慣らしましょう。

●ワンちゃんのハミガキ法

1、まずは口の周りを触る練習をします(口の周りをやさしく触る。慣れてきたら、口を指で押したり、くちびるをめくる)。これを繰り返しましょう
2、歯ブラシを見せて、軽く口回りにあてる
3、くちびるをめくり、歯ブラシを歯にあてる(この時にワンちゃん用の歯磨き粉を使っても良いと思います)
4、全部の歯に歯ブラシをあてる
5、歯ブラシを軽く持ち、少しずつ磨きやすい歯から、タテ・ヨコと歯ブラシを動かしていきましょう
 *毎日、少しずつ続けることが大事です。ごほうびを使いながら慣らしていくのも効果的です。
 
●ネコちゃんのハミガキ法
 *ネコちゃんはなかなか難しいのですが…
1、まず歯ブラシを見せます
2、歯ブラシで頭や耳の横をヨシヨシする(毛並みにそってブラッシングする感じで)
3、慣れてきたらホッペ、鼻の横を歯ブラシでナデナデする(コレ、けっこうネコちゃん喜びます!自分から歯ブラシにスリスリしたり、歯を歯ブラシにあててくれる子もいますよ)
4、この方法を利用して、スリスリしている時に歯ブラシで少しくちびるをめくる→歯ブラシを徐々に歯にあてていく(これを毎日繰り返すことで十分です)
●デンタルグッズをご紹介します

ワンちゃん・ネコちゃんのデンタルグッズを使って、デンタルケアしていくのもいいですね! ハミガキが苦手な子にも、ぜひ始めてあげてください。

★デンタルガム(ワンちゃん)
毎日与える。食べさせるのではなく、噛ませることが大事です。すぐ食べてしまう子にはハードタイプがおススメです。これを毎日続けている子は、口内の細菌がすごく少ないという結果が出ています。

★デンタルガム(ネコちゃん)
遊びながらデンタルケアできるガムです。毎日与えましょう。

★デンタルジェル、スプレー(ワンちゃん)
毎日続けることが大切です。

★液体ハミガキ(ワンちゃん・ネコちゃん)
これはハミガキというより口臭予防です。毎日の飲み水に混ぜるだけで、口内環境を整えてくれます。

★ハミガキペースト(歯磨き粉)(ワンちゃん・ネコちゃん)
ワンちゃん・ネコちゃんの好みの味になっています。歯ブラシまたは指に付けて、歯や歯茎を軽くマッサージしてあげて。毎日やりましょう!
*ワンちゃん・ネコちゃんに、人間用の歯磨き粉は絶対に使わないでください! 歯をゆすぐことができないため、飲み込んでしまうと下痢などを起こします。

★デンタルフード(ワンちゃん・ネコちゃん)
歯の健康のため、歯石を付きにくくするように作られたフードです。

歯は命!
デンタルケアは長生きの秘訣です。
ワンちゃん・ネコちゃんも大切な家族です。ぜひ、できることからデンタルケアを始めてくださいね。

次回、Kireiペットケアからコラムニストは動物看護師・宮村夏美(うちだ動物病院)にバトンタッチ。動物看護師の視点からのコラムをお楽しみに。
第7回は「フィラリア予防のお話」を予定しています。

引き続き「Kireiペットケア」をよろしくお願いいたします!

高橋由香里

トリマー。動物の皮膚科専門の病院セミナーにおいて、それぞれのワンちゃん・ネコちゃんに合った一番良いシャンプーの選び方や、皮膚の対処法を学ぶ。現在は、うちだ動物病院(神奈川県)内でトリマーとして活躍。認定パピースタッフを目指して、しつけ・問題行動などについて専門的に学ぶ。より高度なトリミングを探究している。

うちだ動物病院 トリミング
http://www.uchida-animal-hospital.com/trimming/index.html
うちだ動物病院
http://www.uchida-animal-hospital.com/index.html




この記事へ 2 件のコメント

水まんじゅう

2015年11月1日 at 2:55 am

いつも楽しみに拝読させて頂いております。歯周病、本当に怖いですね!ほっぺに穴が開くなんて想像しただけでも・・・。添付されているC.Dの写真の子たちは大丈夫だったんでしょうか?可哀想に、辛い思いをしたんでしょうね。ところで、私の友人なんですが少なくとも、私の知る限りではネコちゃんたちに歯ブラシをしているところなど、一度も見かけた事はありません。まぁ、幸い口臭を感じる事はないのですが、だからといって安心と言う訳ではありませんよね?何しろ、危機感の薄いお方なもので…せいぜいこの写真を見せつけて、危機感を煽ってやるつもりです。四頭もいるからなぁ…かなりの大仕事にはなると思いますが、根気良く歯ブラシでナデナデから始めるつもりです。それと!高橋さん、今回で終わりなんですか?shock!!突然過ぎます・・心の準備が出来ていません。もちろん、コラムは愛読させて頂きますが…高橋さんの暖かいお人柄と親しみやすい語り口調に引かれて、読み始めたものですから。また、書いて下さいますよね?お待ちしてます。

    高橋由香里

    2015年11月9日 at 5:19 pm

    水まんじゅう様

    高橋です。いつも読んでいただき、コメントもありがとうございます!
    歯周病って怖いんですよね…知らず知らずに炎症が進んでしまいますからね。
    人間も動物も歯は命です!
    ぜひ、お友だちのネコちゃんにも教えてあげて下さいね!
    ネコちゃんは歯ブラシでナデナデするだけでも
    飼い主さんとのコミュニケーションになりますから・・・。
    そして水まんじゅう様、温かいお言葉ありがとうございます!
    私たち、うちだ動物病院スタッフでこのコラムの執筆を持ち回りにする予定でした。
    次回からは、動物看護師のコラムになります。
    引き続きペットのためになる情報をたくさんお知らせできると思うので、お楽しみに!!
    今後とも「ペットケア」コラムをよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*