Vol.88 どんな仕事をして良いかわからない

Home > カルチャー > kirei ワーク > Vol.88 どんな仕事をして良いかわからない
投稿日:2016/01/04

心の中からキレイになる! 
仕事の中の悩みを小さくして、キレイになるためのヒントをお届けします!

「派遣法改正セミナー+おしゃべり会」のお知らせ
 
日時  : 第1回 2016年3月2日(水) 18:00〜20:00 銀座
      第2回 2016年3月10日(木)18:00〜20:00 新宿
参加費 : 無料 (軽食付き)
詳しくはこちら
 http://www.jtuc-rengo.or.jp/info/event/20160302-0310.html
 
みなさん、こんにちは! キャリア・カウンセラーの錦戸かおりです。
春ですねぇ。あぁ、スギ花粉もぶんぶん飛んでいますよ・・・。
 
さてさて、このコラムをご覧くださっている方の中にも、派遣でお仕事をされている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。皆さん、ご存知ですか? 昨年から派遣法が改正されたこと。
派遣期間の上限が厳しくなったり、スタッフさんのキャリア開発について支援が手厚くなったりと、知っておかないとリスクがあったり、知っておくことで得したり・・・と大きく変化しています。
 
私が注目しているのは、派遣会社がスタッフさんに対して、おおむね8時間以上研修を行わなければいけないことです。無料で受けられるのですよ! いま派遣会社各社が、どのような研修プログラムにするか、真剣に検討されています。これらの研修を受けるか受けないか。ぜひ派遣スタッフの皆さんには、積極的に受けて欲しいなーと思います。
 
派遣スタッフの多くの皆さんがおっしゃるのです。正社員はいいな、会社が研修をしてくれてうらやましいと・・・。でもね、受けなくちゃいけないとなると、意外と人間ってやりたくなくなるんですよね~(笑)。私自身も同じです。フリーになって、何も特典がなくなるとうらやましいなーと思うのですが、社員だったころは「このクソ忙しいのに、何でそんなもの受けなくちゃいけないんだー!」なんて思っていましたっけ。でも、せっかく無料で受けられるのですもの。プログラムを選んで、ぜひぜひ受けて欲しいなーと思います。
これから4月に向けて、各社プログラムが発表されていくのではないかと思います。楽しみですね~!
 
 
一つ宣伝ですが、この派遣法改正について、全般的な説明をしてくれるセミナーを連合さんが開催してくださいます!
 
3月2日は銀座で。10日は新宿で。それぞれとってもおしゃれな場所で開催されます。
しかも、軽食つきで無料です!!
あ、錦戸も1時間ほどキャリアのお話をさせていただきます。
そして、フリートークの時間もたっぷりあります!
 
派遣でお仕事をされていらっしゃると、孤独を感じている方も多いはず。そんな気持ちも少しシェアしてみませんか?
 
詳細はこちら http://www.jtuc-rengo.or.jp/info/event/20160302-0310.html
 
お会いするのを楽しみにしていますね!
 
 
明けましておめでとうございます!
皆さん、どんなお正月を過ごされましたか?
 
大変ご無沙汰してしまい、申し訳ありません…キャリア・カウンセラーの錦戸かおりです。
一年以上 間を空けてしまいましたが、復活です(笑)! また改めて、よろしくお願いいたします。
 
2016年最初のコラム、はじまりはじまり~。
 
キャリア・カウンセラーをしていて、ずっと気になっていることがあります。
それはね、学生さんでも社会人でも共通して「どんな仕事をして良いかわからない」と言う相談事が多いことです。
 
・そろそろ就活を始めなければいけないのですが、どんな仕事を目指したら良いかまったくわかりません…
・今の仕事がまったく合わないので転職したいのですが、次にどんな仕事をして良いかわかりません…
 
いろんな背景がありましてね、単純に世の中にどのような仕事があるかという職業の知識がない場合もありますし、適性について誤解しているケースもあります。どのような背景があっての相談なのか、その辺をまずはじっくり聴いていくのが私の仕事なのですが、丁寧に聴いていった結果、根底に「 自分に自信が持てない」ことに行き着くケースが多々あります。
 
 
■「自分に自信が持てないから何をしてもうまくいくような気がしない…」
 
心の奥底にこのような悩みを持った人に対して、何ができるのだろう? そんなことをいつもつらつらと考えているのですが、このお正月に一つ大きなヒントを頂きました。
 
「子どもに『夢を持て』と言う前にすべきこと」 緑進学院 代表取締役 石田勝紀さん 
東洋経済ONLINE 2016年1月1日
http://toyokeizai.net/articles/-/98497?display=b
 
ぜひこのコラム、ご一読いただきたいのですがさくっとお伝えすると…
まず親が「夢」と言う場合、多くの場合“将来の職業”を指すことが多いが、「夢を職業として捉えることには落とし穴があるような気が」する。大人が子どもの未来に対して焦点を当てるべき部分は、具体的な夢、職業的な目標の有無ではなく、自分に自信を持ち、将来への期待が持てる状態にすることではないか。
 
おぉ、これはまさに私が感じていることではないですか! とわくわくしながら読み進めていったところ、ありました、ありました、大きなヒント!
 
 
■ 自分の自信を育てるための視点
 
このコラムでは「希望を持たせるための『3つの視点』」とありますが、そのまま「自信を育てるための『3つの視点』」と考えてもよさそうです。
また、このコラムは子どもについて悩みを持つ親御さんのために書かれているコラムなのですが、ちょっと見方を変えて、自分を自分の子どもに見立ててみてくださいな。そうそう、親と子ども、一人二役です!
 
1、子供の好奇心に対して制限を加えない → 自分の好奇心に制限を加えない
2、子どもの能力に限界を作らない → 自分の能力に限界を作らない
3、勉強に関しては、失敗や間違いにフォーカスせず、「何が学べたか」にフォーカスする
  → 仕事に関しては、失敗や間違いにフォーカスせず、「何が学べたか」にフォーカスする
 
特に3、はぜひお勧めしたいと思います。自信がないときって、どうしてもダメだったことに目が行ってしまいますよね。でも、「『何が学べたか、次はどうすればうまくいくか?』と言うことだけ焦点を当てるようにする」と「やがて『自分はできる』と実感でき、自信が生まれ、希望が出て」くるとのこと。
 
なるほど。うまく行かなかったこととできたことを紙の表と裏にたとえて、どちらも見てみようと言うことなのでしょう。「学べたこと」に加えて、小さなことでも新たにできるようになったことや、工夫したこと、働きかけたことに対しても、ぜひ焦点を当ててみてほしいと思います。そしてね、どんな小さなことでも、できた自分を十分認めて&褒めてあげてほしいのです。「よくできたね、がんばったね!」と。
 
もしも自分ひとりでなかなかうまくいかなかったら、ぜひキャリア・カウンセリングを受けてみてくださいな。うまくいかなかったことと一緒に悔しい気持ち、悲しい気持ちもしっかり受け止めつつ、その中で学んだこと、できるようになったことを一緒に見つけていきましょう。
 
 
まあね、簡単に書きましたけど、そんな簡単なことではありませんよね。「自信」を売っているお店があったらいいのに…とか、自信過剰な人から、ちょっと分けてもらえたらいいのに…なんて、本気で思ってしまいます。
 
「自信をつける」と言いますけれど、私は「自信は育てるものだ」と思っています。時間はかかりますけれど、少しずつ、少しずつ、あなたの自信、育ててみませんか? 
 
 
さて、そろそろおあとがよろしいようで…。
2016年、みなさんにいっぱい幸せが訪れますようにお祈りしています!
 
またお会いしましょう!!

kireiワーク 旅行が大好きなやんちゃ坊主、がんのすけくん! 
Photo By 「 YH 」
 
 

錦戸かおり

個人のキャリア開発支援を行う「がんばれ工房」主宰。キャリア・カウンセラー、産業カウンセラー。女性と仕事の未来館にて、キャリア部門の特別相談員。毎日コミュニケーションの転職サイト「マイナビ転職」にてコメントの執筆なども担当している。一人一人のクライアントと長いお付き合いをすることで、キャリアのホームドクターとして活動している。
2009年10月『働く女性が35歳の壁を乗り越えるためのヒント』を発売(河出書房)
がんばれ工房 http://gambarekoubou.com/




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

サイト内検索

バックナンバー