Vol.58 生姜の甘酢漬け

Home > ライフスタイル > K's kitchen > 野菜(K's) > Vol.58 生姜の甘酢漬け
投稿日:2016/08/01

『生姜の甘酢漬け』
生姜の甘酢漬け

材料 (直径9cm×高さ11cmくらいの瓶1つ分)
生姜(皮つきで) 400g
塩 小さじ1
酢 大さじ2
甘酢・・・酢200cc
三温糖50g
塩 小さじ1


こんにちは。ミラノでお料理教室 K’s kitchen Brera Milanoを開いている入交啓子です。
日本でも乾物などの保存食の歴史は長いですが、私の住んでいるイタリアでも遠い昔から乾物や瓶詰などの保存食作りが大変盛んです。今回のレシピはご自宅で簡単に作れる日本風の生姜の甘酢漬けです。

日本ですと初夏のちょうど今時分、出回る柔らかく瑞々しい新生姜(白くて茎の根元の赤いもの)で作ると美味しいですね。イタリアでは生姜はジュースやお菓子にしたりとても一般的なお野菜ですが、秋に収穫されて貯蔵された根生姜(黄土色で表面がかさかさしているもの)しか手に入りません。どちらの生姜で作っても美味しく、1年ほどは冷暗所で保存がききます。

お寿司の付け合わせの「ガリ」としてそのままいただく以外にもアレンジ法をいくつかアップいたします。ぜひバリエーションも楽しんで生姜で免疫を上げてくださいね!




1.小鍋に甘酢の材料を入れ加熱する。沸騰はさせずに三温糖と塩が溶けたら火を止め、冷ましておく。
2.容器の瓶は煮沸消毒をしておく。(熱湯の中に入れ3分ほど加熱。ザルなどにあけてしっかり冷まし、水気を自然乾燥させておく)
3.生姜は皮をむき(新生姜の場合はスプーンの先で軽くこそげとる)、1mmくらいの薄切りにする。
4.薄切りにした生姜をザルに入れ、塩小さじ1を全体にまぶす。5分間そのままにしておく。
5.この生姜を水でさっと洗う。大きめの鍋に湯を沸かし、生姜を茹でる。(茹で時間で生姜の辛さを調節します。新生姜は2分ほど、根生姜なら5~6分ほど茹でる。)
6.ザルにあけ、自然に冷まします。
7.冷めたら絞り水気をとる。全体に酢・大さじ2を回しかけ、もう1度よく絞ります。
8.煮沸した容器に生姜を詰め、甘酢を静かに注いだら出来上がり。ふたをして冷暗所で保存する。

・根生姜・新生姜

レシピのポイント

・生姜は繊維に沿って縦切りにするとシャキシャキと、繊維を断ち切るように横切りすると優しい歯ごたえになります。

・生姜を絞るときに酢をかけるのは水分で甘酢液が薄まらないようにするためです。

・新生姜で作る場合は赤い部分を一緒にいれるとピンクの綺麗な色の甘酢漬けに仕上がります。

・根生姜で作る場合は酢の一部を少しだけ赤酢または赤ワイン酢にすると綺麗なピンク色の甘酢漬けになります。

・生姜に含まれるショウガオールは血行をよくして体を温めてくれる成分です。また、ジンゲロールは免疫力を高める成分です。普段から少しづつでも続けて摂りたいものです。

・容器はしっかりとした耐熱の瓶におしゃれをさせてお友達へのプレゼントにしても素敵です。タグをつけたり、マスキングテープで飾ってオリジナルのデコレーションを楽しみましょう。作った日付を記入しておくと便利です。

この甘酢漬け生姜を使った簡単アレンジレシピ

生姜めし

ご飯を炊くときに炊飯器に出汁昆布2×2cmを一緒に入れて炊きます。炊き上がったごはんに生姜の甘酢漬け2~3枚のみじん切りと炒り胡麻を加えてさっと混ぜ合わせます。さっぱりとした生姜めしはお肉料理によく合います。食材の傷みやすい夏のお弁当にもおすすめです。

簡単生姜ちらし寿司

上の生姜めし・ごはん1合に対して甘酢のたれを大さじ1ほど合わせて混ぜます。お湯をかけて油を抜いた油揚げの千切り・錦糸玉子・青紫蘇や焼き海苔の千切りなどをお好みでのせたり、混ぜこめば簡単生姜ちらし寿司になります。缶詰のツナを加えても美味しいですよ。

きゅうりピリ辛醤油漬け

きゅうり2本はすりこ木などでたたき、大きめの1口大にちぎり、ボールに入れておきます。
小鍋に生姜の甘酢漬け3枚の千切り・甘酢たれ小さじ1・鷹の爪1本・胡麻油 小さじ1・醤油 小さじ1 を入れたら火にかけます。
沸騰したらボールにいれたきゅうりに熱い煮汁をジャーッとかけます。ときどき上下を返し、30分ほど置き、味が染みたらお漬物がわりの1品のできあがりです。

K’s kitchen 入交啓子

日本雑穀協会資格認定者のいる料理教室、日本野菜ソムリエ協会認定料理教室 主催。 虎屋グラフィックデザイナー、ABCクッキングスタジオ、abc-キッズ、パンツエッタ貴久子氏のイタリア家庭料理教室「La Tavola di Tata」を経て独立。
野菜ソムリエ&雑穀エキスパートの小さなお料理教室「K’sKitchen」を東京の自宅からスタート。 現在、ニューヨーク・ミラノ・東京の3都市に自宅兼お料理教室を置き、3カ国でお料理教室「K’s Kitchen Brera Milano」を主催。それぞれの国の料理を紹介すると共に、3カ国の料理をミックスするなど独創的なメニューを日々創造中。




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

サイト内検索

バックナンバー