今日からスタート!キレイを手に入れる快眠レシピ その16

Home > カルチャー > kirei スタイル > 今日からスタート!キレイを手に入れる快眠レシピ その16
投稿日:2011/12/28

Kireiを創る 酒井理子

いよいよ2011年も残りわずかとなりました。
皆さんはもうすぐやってくるお正月はどのように過ごされますか?
お正月こそのんびり、ゆっくり眠りたい~♪なんて、幸せ寝正月計画でしょうか(^▽^)

新年といえば新しい年のスタートとして縁起を担ぐ初夢。
「一富士、二鷹、三なすび」の夢をみると良い・・・とされていますが、現代では少々無理があるかも。旅行に行ったり、大好きな人と会ったり、宝くじが当たったりと、具体的で現実的な夢のほうが嬉しいかもしれませんね。

今回は初夢にちなんで夢と枕のお話です。 

夢と枕の昔話  

枕(まくら)という言葉はどこからついたのでしょうか?まくらの語源はさまざまですが、魂(たましい)の倉(くら)→たまくら→枕(まくら)になったのでは?という説があります(小川光暘 著 寝所と寝具の文化史)
現代、枕は寝ている間にしっかり頭と首を支える良い眠りに導く寝具の1つとされていますが大昔は機能面だけでなく、夢を見ているときは魂が身体から抜け出し、枕はその安息所と考えられていました。
かの万葉集にも枕に心や魂をこめた意味の歌がいくつかあります。

逢わずともわれは怨みじこの枕 われとおもひて枕(ま)きてさ寝ませ(巻二・2二六二九)
わたしのかわりにこのまくらを形見とおもって寝てくださいね
・・・旅立つ夫に妻が自分の枕をもたせて詠んだ歌

玉主に玉は授けてかつがつも 枕とわれはいざ二人寝む(巻四・六五二)
大切な玉は玉守に授けてしまたことだし、とにもかくにも私はまくらとふたりでさあ寝ようか
・・・母が嫁いだ娘を思いひとりまくらと眠る時に詠んだ歌

わたくしの好きな歌は古今集の
わが恋を人知るらめや しきたへのまくらのみこそ知らば知るめ(古今集・五○四)
わたしのこの恋心はあの人は知らない、知っているのはこの枕だけ
・・・恋をしてひっそりとひとり流す涙を知っているのは枕だけと詠んだ歌

枕の歌、ロマンチックですね~(= ̄∀ ̄)~♪

もう1つ好きな枕にちなんだお話は、能楽の「菊慈童」
ここでもまくらが大事なキーアイテムです。

その昔、中国の魏の文帝が臣下に命じてれっけん山に流れるという薬の水を取りにやらせたところ、不思議な美しい少年が現れます。その少年曰く、自分は七百年前の帝・穆王(ぼくおう)に寵愛を受けていた童子だが帝の枕をまたいだ罪で山に追われることとなった。その際、少年を哀れんだ穆王より二句の偈(げ)=法華経の句を書いた枕を賜った・・・とその枕を見せるのです。七百年もの不老不死を臣下が怪しむと、枕の経文を菊の葉に書いておくと、その葉より滴る露は不老不死の薬となるので今まで生きてこられたのだというのです。しかし自分は帝よりも長く生きてしまい、すでに愛する帝はこの世にはいない。この賜った枕が形見となってしまったと嘆きます。

夢もなし。いつ楽しみを松が根の、いつ楽しみを松が根の。嵐の床に仮寝して。枕の夢は夜もすがら身を知る袖は乾されず頼みにし。かひこそなけれひとり寝の枕詞ぞ。怨みなる枕詞ぞ 怨みなる。

と、夢のような幽玄の世界が展開します。

帝の枕を跨いで山送りとはちょっと厳しい・・・と思いますが、昔から枕を跨いだり、蹴ったりしてはいけない・・・というのは、魂の入れ物として大事なものと考えられていたからなんですね。

夢を見ることも、魂が身体から抜け出て経験したこと、と考えられていました。
他にも「邯鄲(かんたん)のまくら」という有名なお話がありますね。
今こそ、科学的に夢を見ている時は日中の記憶の整理をしている時間といわれていますが、昔の人は心と心が通う時間と信じていたのですね。

皆さんもどうか素敵な初夢が見られますように。・・・もしかしたら夢をみている間に誰かと心が通じ合うかもしれませんよ☆

酒井 理子

酒井 理子(さかい・りこ)

財団法人日本ファッション協会「Urara:Kai(うらら会)」メンバー。
西川産業(株)営業統括本部 R&D室 チーフリーダーとしてマーケティングリサーチ、トレンドディレクション、商品開発、販売支援業務担当。快適な眠りや寝室環境に関する研究を行う企業内研究機関・日本睡眠科学研究所に所属。一般社団法人日本流行色協会 プロダクツ・インテリア専門委員。好きなことは趣味と実益を兼ねたお昼寝。理想のタイプは古今亭志ん朝。

Urara:kai(うらら会)ってなあに?

「Urara:Kai(うらら会)」は2003年4月、日本商工会議所、東京商工会議所を母体とする一般財団法人日本ファッション協会に設立された働く女性たちの会です。 働く女性たちの“今”から豊かな生活文化を考え、さまざまな活動を通じて現代社会のあり方や仕組み、女性のワークライフバランスを模索・探求し提言をしています。




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*