VOL.13 家電を導入する時のチェックポイントとは?

Home > ライフスタイル > kirei 知的家事レッスン > VOL.13 家電を導入する時のチェックポイントとは?
投稿日:2012/07/23

本間朝子さんテレビ出演のお知らせ
2012年8/16(木)9:28~放映のテレビ東京「7スタLIVE」に出演します。
テーマは「キッチンのお悩み解決」です!お楽しみに

Q. 夏のボーナスで、家電の買い換え(掃除機と洗濯機)を検討しています。今はデザインもたくさんあって迷ってしまうのですが、購入時に気をつけた方がいいことはありますか?(青りんごさん)

A. 青りんごさん、ご質問をありがとうございます。

家電とは長―いお付き合いになりますので、事前に、“結婚相手を選ぶかのごとく”、いろいろな角度からじっくりとチェックして行くことが大切ですよね。

そのためにはまず、家電ごとにある「大きな分類」を知っておくことが大切です。

例えば掃除機なら、大きくは、ゴミの集め方(集じん方式)が「紙パック式」と「サイクロン式」の2つに分かれます。

紙パック式は、ゴミを簡単に捨てられる反面、パックにゴミがたまると吸引力が落ちて行きます。サイクロン式は、吸引力が持続する反面、吸い取ったゴミを捨てる時にホコリが舞い上がるのがデメリット。

掃除機 デザインで取捨選択する前に、このような大きな分類で見ておくと、より選択しやすく、想定外になることが少なくなると思いますよ。

同様に、洗濯乾燥機の場合は大きく分けて、「タテ型」と「ドラム式」があります。

タテ型の洗い方は「もみ洗い」で、洗濯時間が短めな反面、ドラム式より衣類の痛みや絡みが多くなります。
そして、ドラム式の洗い方は「たたき洗い」。乾燥時間が短めで、ドラムの角を利用するので少ない水で洗えますが、その反面、色うつりや黒ずみをおこすことがあります。

また、掃除機や洗濯機は消費電力量とともに、運転音や振動音もチェックしておきたいところです。それによって朝早くや深夜など、家事のできる時間帯も変わってきます。「dB」というのが音の大きさを表わしていて、40 dBが図書館、50dBが静かな会話程度の騒音レベルと言われています。

また、想定外の失敗をしないための方法として、購入者の口コミもぜひ活用してみてください。
価格.com楽天市場amazon.co.jpに書かれた対象商品の口コミを見て、不安な点があれば事前にメーカーや販売店に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

さらに、「実際に使って失敗を防ぎたい」なら、以前にもご紹介した「家電レンタルサービス」もおすすめです。レンタル料が数千円からかかりますが、失敗するのに比べたら安いとも言えますし、家電は一度買ったら壊れない限り、なかなか買い替えにくいモノなので、試してみる価値はあると思いますよ。

家事アドバイザー 本間 朝子

働く女性の知的家事Logica(ロジカ)代表。http://honma-asako.com/
結婚10 年の働く主婦。自身が仕事と家事の両立に苦しんだ経験から、働く女性に向けて独自の家事メソッド「知的家事」を提案している。

「知的家事」とは・・・
時間や体力が無く、家事が思うようにできない女性に向けた、効率的に家事をする方法。
従来のやり方にとらわれず、今のライフスタイルに合った、新しい家事の考え方をお伝えしています。




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*