Vol.3 風邪かな?と思ったら…まず「首蒸しタオル」で回復を促そう!

Home > ビューティ&ヘルス > kirei 体ケア > Vol.3 風邪かな?と思ったら…まず「首蒸しタオル」で回復を促そう!
投稿日:2012/11/15

「体がホッと楽になれば、心も軽やかに、キレイになれる!」をテーマに、その季節あった、簡単にできる体ケアを紹介します。

今年は残暑厳しいと思ったら、急に朝晩が冷え込むようになりましたね!
気温の寒暖差が激しいと、なかなか体調管理がむずかしいものです。

なんだかノドが痛い、鼻がムズムズする…など、「風邪かな?」と思ったら、
まずは、「首に蒸しタオル」をあてるケアで、体を温めて活性化をうながしましょう。
蒸しタオルで温めることで、血行がよくなるのはもちろん、リンパ液の流れもスムーズに。
人間が本来もっている自然治癒力を高めることができます。

温めてほしい場所は、首のうしろ。いわゆる「延髄(えんずい)」と呼ばれるところで、
血管や呼吸器、消化器など、生命維持の中枢ともいえる大切な場所です。
風邪はもちろん、慢性的な頭痛や肩こりにお悩みの方にも、効果がありますよ。

今回も、やり方はとても簡単ですので、やってみてくださいね。

まず、フェイスタオルを1枚用意します。



簡単なのは、レンジで蒸しタオルを作るやり方。
タオルを水で濡らしてから、やや固めに絞った後、レンジで加熱します(500Wで30~40秒くらい)。
水気が多いと熱くなりすぎ、固すぎると蒸しタオルになりませんから、調整してみてくださいね。


レンジを使わなくても、蒸しタオルは作れます。
やかんにお湯を沸かし、洗面器などに熱めのお湯をつくり、タオルを浸してから絞ります。
ヤケドしないよう、お湯の温度にご注意くださいね。

タオルをあてる場所は、首のうしろ、後頭部のつけ根から首にかけてです。
一般に「延髄(えんずい)」と呼ばれるところで、ここを温めると血液やリンパ液の流れが良くなるとともに、神経系にも働きかけ、体の緊張をゆるめることができます。

3~4分すると、タオルが冷めてきますので、そのタオルをまた温めて2~3回あてましょう。
だんだん気持ちよ~く、リラックスできますよ。

ここで大切な注意点です!!
「温めればいいのなら」とカイロを使うと逆効果です。蒸しタオルは、適度な熱さから徐々に冷めていくという繰り返しで、自然に血行を促すことができるのですが、カイロは熱いままなので、かえって筋肉の緊張をまねいてしまうからです。低温やけどの心配もでてきますので、気をつけましょう。

風邪には栄養のある食事と、十分な休息が一番です。
眠る前に、この「首蒸しタオル」で体を温めて心身をやわらげてあげると、より質の良い睡眠がとれますよ。ぜひお試しください。

山川 みゆき

ヒーリングセラピスト。コピーライター。広島在住。
長年のライター業による不規則な生活からくる心身の不調をキッカケに、「楽で快適なカラダ」を求めて各種ヒーリングを学ぶ。現在はライター業のかたわら、「ミコトヒーリング」として、様々な手法を取り入れたヒーリングを提供している。
美言ブログ http://ameblo.jp/mikoto-sh/




この記事へ 2 件のコメント

桃子

2012年11月26日 at 4:49 pm

みゆきさん

こんにちわ。
楽しみに読ませていただいております。
ここのところ、眠れなかったので、
今回の蒸しタオル、参考にさせて頂きます。
カイロでは、いけなかったのですね。勉強になりました。
次回も楽しみにしております。

    山川みゆき

    2012年12月10日 at 8:48 pm

    桃子さん、コメントありがとうございます!
    寒い時に、カイロがあると体が温まって便利ですよね。
    ただ、今回のように、リンパや血行の流れを促すときや、
    リラックスして眠りやすくするには蒸しタオルが良いですよ。
    これからも色々なケアを紹介しますので、楽しみにしていてくださいね!

コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*