「きれい生活研究所」サイト終了のお知らせ

「きれい生活研究所」は2020年10月31日で終了する事になりました。 長い間、ご愛顧いただき有難うございました。


VOL.3 キレイの秘密—肌よりも年齢がでる、「ツヤ髪の美しさ」を簡単に手に入れる!

Home > ビューティ&ヘルス > kirei ビューティ > VOL.3 キレイの秘密—肌よりも年齢がでる、「ツヤ髪の美しさ」を簡単に手に入れる!
投稿日:2010/01/07



西洋人”が憧れるアジアンビューティー”の肌と黒髪の持ち主は、以前は日本女性のはずでした。
でも、韓国女性の「輝くような黒髪」と「どこまでも透きとおる艶めいた白肌」にその座を奪われてしまっている感じがあります。

意外に重要なのは、ちょっとしたお手入れの習慣でも髪や肌は大きく変わるという事実です。
特に「髪」は悲しいほどに年齢を表してしまいます。肌がどんなに若くてきれいでも、髪の毛がパサついて艶がないと、とても汚い印象で老けて見えます。肌と同じくらい、「髪の美しさ」は重要です。

毎日何回くらい「ブラッシング」をしていますか?
手グシで髪をスタイリングすることが多くなってから、多くの女性が髪を「ブラッシング」しなくなりました。
そのことに10年前に気づいた私は(遅いですねー反省)頭皮のマッサージを兼ねて、朝と夜に最低50回以上はブラッシングするようにしています。美容を仕事にする人間として恥ずかしい話ですが、天使の輪も消えていたカラーリングし放題のパサついた髪に、確実に、少しづつ艶が出てきて、髪の毛だけでなく、顔の血行もよくなり、よどんだような顔の輪郭のたるみも消えていくのがわかりました。

“美しい艶髪”になるには、まず「ブラッシング」です。
朝が無理なら夜、テレビを見ながらでも試してみてください。髪だけでなく肌も艶めいてくること間違いなし!です。それから、髪をドライヤーで乾かしていますか?自然乾燥がいいからと濡れたまま寝てしまう風邪ひきそうなことをしていたら、髪に艶は生まれません。なるべく短時間でドライヤーの風を「上から下に向かって」髪の毛にあてて乾かしてください。下からあててしまうと、髪のキューティクルが跳ね上がりきれいに揃わないので、艶髪にはなりにくいのです。

もうひとつ、髪の洗い方です。顔を下に向けて洗っていませんか?顔を上に向けて髪を洗う習慣をぜひ実践してください。ある化粧品会社の調査で、顔のたるみがない人ほど顔を上に向けて洗っていることがわかりました。私も最初は、「洗い流す時に目に水が入るのでは?」と抵抗がありましたが慣れると気になりません。美容院でも顔を上に向けて洗っているでしょう?

毎日のことだから、ちょっとした習慣が積み重なり、キレイの分岐点が生まれてしまいます。今からでも遅くありません。もちろん、ヘアエステやトリートメントも欠かさずできれば理想です。でも、「キレイの秘密」にはお金がかかることだけではありません。

スタッフ
髪が若さと関係するなんて、『目からうろこ 』!! でした。
それに韓国の女優さんたちって、何であんなに肌も髪もきれいなのか不思議で仕方がありませんでした。ブラッシングや、顔を上に向けて洗うことは簡単にできそうですね。
「先生、ブラッシングって頭皮をマッサージすることにもなるから、顔の血色もよくなり、輪郭のたるみも消えるのでしょうか?」


明美先生
「そうなんです。頭皮と顔は繋がっています。頭皮を刺激して、血行をよくすることで、
髪はもちろん、肌全体にも影響してくるんですね。うそのように、髪にツヤが出て肌の血色もよくなり、顔の輪郭もシャープに変わってきます。それに肌がイキイキして見えるから、非常に好感度が上がるんですよ。皆さんも、是非試してくださいね。」


スタッフ
「これは、いいことを聞きました。やってみる価値大ありですね。
それに、『婚活』にも役立つかも!!」

山本明美

東京在住、仙台出身の「ビューティ&ヘルス コンサルタント」早稲田大学法学部卒。大手広告代理店、ファッション誌「25ans」編集部を経て 独立し、「オフィス山本」代表。数多くの化粧品・健康食品開発を手がけ、ビューティのみならず、漢方も含んだ、トータルヘルスのアドバイザーも勤める。東北美人の名のごとく、いつまでも若々しく、肌は年齢不詳。白く透き通る肌はため息が出るほど。数多くの日本女性の「根本美」を追求する活動に尽力するかたわら、故郷をこよなく愛し、発展のために努力する毎日。