「きれい生活研究所」サイト終了のお知らせ

「きれい生活研究所」は2020年10月31日で終了する事になりました。 長い間、ご愛顧いただき有難うございました。


VOL.6 キレイな人には“秘密”がある―寝ている間の「シンデレラ美容」 とは!?

Home > ビューティ&ヘルス > kirei ビューティ > VOL.6 キレイな人には“秘密”がある―寝ている間の「シンデレラ美容」 とは!?
投稿日:2010/02/18



朝起きて鏡をみて、肌の調子が悪く”がっかり···”という人が多いようです。むしろ、鏡を見る前に、肌は触ってみればコンディションがわかってしまいますよね。「洗顔のときも肌に触れるのが怖い。」という相談も寄せられています。

ファンデーションのノリも悪くて、一日が始まる「朝の肌コンディション」は切実なんですね。そのための対策のひとつは、夜寝ている間に「美肌をつくること」。
もちろん、充分な睡眠だけでも肌は美しくなりますが、私のように(毎回反省···)不規則な睡眠時間になりがちな人は、夜11時には必ず寝て···というわけにはいかないですから大変です。

寝ている間に美肌をつくる「シンデレラ美容」の極意(ごくい)は、夜のスキンケアで肌に膜をつくり、膜のチカラで美肌を調整することです。

その膜に重要なのが、「クリーム」です。乾燥肌でも、クリームが嫌いな人も多いようでが、高い美容液や、乳液で充分と思っていると、若い人でも冬の間に3歳どころではなく、5歳は老けるかもしれません。脂性肌の人はともかく、ベタベタするから嫌いというクリームを使わない人に、ぜひ部分的にも夜だけでも使用してほしいです。

「乳液」は油分も含んでいるので、肌を柔らかくしてほぐし、化粧水の保水効果を高めるように、「クリーム」は、寝ている間に肌に膜をはって、一日の肌の疲れや美容成分をじっくりと肌の中に閉じ込め、しかも肌の中から水分が逃げていかないように保護をします。

空気が乾いていると、部屋に置いたままの果物なども自然に水分が抜けて干からびてしまうでしょう?寝ている間に、肌にも多少同じようなことが起きているのです。肌が乾燥して敏感になるのも、肌表面の“油分の膜”が乱れていたり、無くなっていたりするせいもあります。

ですので、夜にクリームを使用することと、できればクリームの上にラップでも巻いて寝ると効果的ですが眠りにくいので、今化粧品店やドラッグストアで、「塗るだけパックにもなるクリーム」のような商品が増えていますが、そういう便利なものもお薦めします。

夜塗って、洗い流さないパックタイプなのでベール効果も高く、朝の肌がいつもと違います。でも、長く肌に塗っておくので肌に合わない場合は使用をやめてください。肌にやさしい刺激の強くないタイプを選びましょう。

そして、朝どうしてもファンデーションのノリが悪いときは、蒸しタオルを化粧水を塗ったあとに、肌の上にのせると効果的。蒸しタオルは電子レンジでも簡単にできますが、使用法は注意してください。

もし、夜のスキンケアで時間があるときは、お手入れの最後に、硬く絞った蒸しタオルをこすらずに肌にのせ、冷める前までおきます。
そしてその後にクリームを、特に乾きなど気になる部分にもう一度塗って寝てみてください。翌朝の肌が「あらら?」と思うほど感触が違っているはず。試してみてくださいね。

いよいよ3月も近づいてきました。紫外線が気になる季節到来です。次回からはシリーズで、「日焼け・美白・UVケア」などのお話をしていきます。どんな質問にも具体的にお答えしますので、質問・疑問どんどんお待ちしています!!

スタッフ
「ある、ある!!朝、肌の調子が悪くてファンデーションが全然乗らないことって。夜、クリームを塗るだけでも違うんだね。確かに最近美容液で終わっていました。先生、普通の栄養とか保湿クリームって書いてあるものでも、いいんですか?」


明美先生
「そうですネ。ただ、ジェルタイプの水分補給タイプではなく、油性のクリームタイプがいいと思います。ジェルタイプは乾きやすいので、長時間のベールにはあまり向きません。蒸しタオルも是非、試してくださいね、」


スタッフ
「はーい。面倒臭いなと思っていたけど電子レンジでできるなら、手軽にできそうです。」


明美先生
「ただ電子レンジで温める場合、火傷の危険性もあるので、1回手で熱さの確認をしてから顔にあてること。これだけは、約束守ってくださいね。」


スタッフ
「わかりました。皆さんも約束守って、誰よりもキレイになっちゃいましょうね。」

山本明美

東京在住、仙台出身の「ビューティ&ヘルス コンサルタント」早稲田大学法学部卒。大手広告代理店、ファッション誌「25ans」編集部を経て 独立し、「オフィス山本」代表。数多くの化粧品・健康食品開発を手がけ、ビューティのみならず、漢方も含んだ、トータルヘルスのアドバイザーも勤める。東北美人の名のごとく、いつまでも若々しく、肌は年齢不詳。白く透き通る肌はため息が出るほど。数多くの日本女性の「根本美」を追求する活動に尽力するかたわら、故郷をこよなく愛し、発展のために努力する毎日。