「きれい生活研究所」サイト終了のお知らせ

「きれい生活研究所」は2020年10月31日で終了する事になりました。 長い間、ご愛顧いただき有難うございました。


投稿日:2014/01/30




新年あけましておめでとうございます。
2014年はじめてのコラムは「おせっかい仲間」のわたくし植松が担当いたします!

1月も気付けば中旬。皆さんはどんな年始を過ごされましたか?
私は2013年の恵さんとの出会いを思い出しながら、このコラムでどんな想いを伝えようかと思い馳せながらの新年となりました。

新年を迎え、「おせっかい」のたんぽぽの綿毛は日本中に広がる準備を着々と進めています。
1月13日(祝・月)には、「おせっかい協会設立記念イベント」を開催致しました。
「おせっかい」が一人歩きできるよう、新たなスタートを切るためのイベントです。
イベント開催後のご報告も、このコラムで発信できればと思っておりますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。どんなイベントになるのか、私自身がとても楽しみです。

先日は、恵さんからこのようなメッセージが届きました。

「ここをスタートに、また一段と頑張って、必ず世の中の多くの幸せな方の誕生に、全身全霊を尽くしていくことを元旦に誓いました。」

1年の計は元旦にあり。即行動の精神溢れる誓いです。
私もついていきます(と心の中でこっそり宣言・・!)。

さぁ、皆さん。幸せを受け取る準備はできていますか?

おせっかいの種はこうしている今も、どんどん飛んでいこうとしています。
そしてどこで芽を出そうか、花開こうかとその瞬間を心待ちにしているのです。
「おせっかい」仲間の役目はこの精神をつないでいくこと、伝え続けていくこと。
それぞれがそれぞれの形で「おせっかい」を広げ繋いでいくと、いつかひとつの大きな輪になるはずです。点と点が線になる。
そんな日を楽しみに、「おせっかい」を広める一役を担えたら嬉しいです。

おせっかい。
そのひとつひとつは特別なことではなく、時には気付かれないかも知れない小さな小さな愛のメッセージです。
おせっかいの基本のひとつ(※後述)は、「見返りを求めない」こと。
相手のことを心底から思い、そしてその気持ちを伝えようとした時に「おせっかい」の種が生まれます。そして相手の心で「おせっかい」の種が芽を出すような気がするのです。
されて嬉しいことは誰かにしてあげたくなる。
こうしてできた「おせっかい」の輪、「おせっかい」の仲間は確実に広がっています。
気付けば私も、「おせっかい」仲間にちゃっかり入り込んでしまいました!

私が「おせっかい」の種をもらって気がついたこと。
それは、「経験は知識になる」ということです。
知識は決して経験には為り得ませんが、自分が行動した事は経験となりその経験から得たものは自分の知識になります。
これを繰り返していくと「おせっかい」センサーは研ぎ澄まされていくのだと思います。
日本一の「おせっかい」を自負する恵さんのように・・・!
そうなったら、今度はセンサーが勝手に反応してしまうのだろうな、と感じるのです。
まさに、考えるより即行動!

2014年、今年の干支である馬のように「おせっかい」は走り続けます。
みなさん、おせっかいに興味がわいてきませんか!

て集まった仲間たち  「おせっかい協会設立」に向けて集まった仲間たち 1

この日、初めましての「おせっかい仲間」1名もすっかり溶け込んでいます。
あっという間に広がる「おせっかい」の輪!


集まった仲間たち  「おせっかい協会設立」に向けて集まった仲間たち 2

「おせっかい協会」のこれからについて深夜まで語り合いました。

OSEKKAI「分かち合いたい言葉」【おせっかいの為の10の基本】
分かち合いたい言葉
  1. おせっかいに 遠慮はいらない
  2. おせっかいは 恐れない あきらめない
  3. おせっかいは 直感を信じる
  4. おせっかいは 自分にやさしく 相手にやさしく
  5. おせっかいは 明日より今すぐ
  6. おせっかいは 見返りを求めない
  7. おせっかいは 深く考えない
  8. おせっかいは 感情の分かち合い
  9. おせっかいは 笑顔の分かち合い
  10. おせっかいは 愛の分かち合い

その他関連するコラム
新コンテンツ /高橋恵さんの元気になる特効薬「幸せを呼ぶ『おせっかい』のススメ」はじまる!!

高橋 恵 (たかはし めぐみ)

広告代理店、PR会社、様々な会社の営業を経て、1985年42才で二人の娘さんを抱え、会社を立ちあげる。サッカーの中田英寿選手、38才の若さで急逝したプロウィンドサーファー飯島夏樹さんなど多くのスポーツ選手のマネージメントをしているPR会社「サニーサイドアップ」創業者。
マンションの一室ではじめた小さな会社が、なぜ上場するまでに至ったのか?その秘密は「おせっかい」にありました。現在、急成長した会社は娘に任せ、本の出版や講演会などに忙しい毎日。

高橋 恵 「財団法人 おせっかい協会」
http://osekkai.jp/
幸せを呼ぶ「おせっかい」のススメ 高橋恵 著 PHP出版
http://www.php.co.jp/books/
『幸せを呼ぶ「おせっかい」のススメ』が
第29回ビジネスブックマラソン大賞で5位に入りました。