vol.41 にんじんのポタージュ

Home > ライフスタイル > K's kitchen > スープ(K's) > vol.41 にんじんのポタージュ
投稿日:2015/03/01

『にんじんのポタージュ』
にんじんのポタージュ

材料 (2人分)
にんじん・200g
(皮をむいた状態で。小にんじん約2本くらい)
バター(有塩)・10g
水・300cc
コンソメ顆粒・小さじ2
ローリエ・1枚
塩・小さじ1/8
生クリーム・100cc
パセリ・少々


にんじんのポタージュレシピ
レシピのポイント

体を温める根菜のにんじんが1人1本手軽に摂れるスープです。
スープを煮込んでいる間に他のお料理が出来るので、とても便利です。
今回は生クリームで仕上げ、コクのあるスープにしましたが、ローカロリーにしたい時は生クリームをローファットミルクにおきかえて下さい。


ニューヨークミラノ暮らしのレシピ

Soup of the day・毎日のスープ・Zuppa del giorno 第2回

こんにちは。料理教室 K’s KItchen の入交啓子です。
今回の暮らしのレシピはvol.38でご好評いただきました毎日のスープシリーズ第2弾です。
まだまだ寒い日が続きますが、手作りの温かいスープで体も心も温めてください。

ニューヨークの家でもミラノの家でもほぼ毎日、夕食にはスープを作ります。夕食を軽めにしているので、体を温めるとともに満足度をアップさせています。温かいスープは体も気持ちもホッとほぐしてくれます。

調理は簡単に。基本の材料プラスその日の野菜1種類程度です。最初に少量の玉ネギを甘みが出てしんなりするまで炒めるのがポイントです。あとは、その日の野菜を加えてさっと炒め、コンソメで10〜15分煮込むだけ。粗熱をとって、ブレンダーまたはミキサーで攪拌します。

ポタージュにしたいときは牛乳、少し濃厚なスープにしたいときは生クリームを加えます。味つけをする前でしたら離乳食にも使えます。たくさん作って冷凍保存もおすすめです。
煮込んでいる間に他のお料理も出来るのでとても便利です。ぜひ、色々なスープに挑戦してみてください!
vol.38 Soup of the day・毎日のスープ・Zuppa del giorno 第1回 はこちら

1、基本の材料

シンプルで簡単! 基本の材料はこれだけです。
玉ねぎ少々 オリーブオイル 塩
粉末コンソメ
(和風のときは昆布&鰹節の出汁または顆粒だしのもと中華風のときは顆粒鶏ガラスープのもと、に置き換えます)

牛乳 または 生クリーム 少々(ポタージュにする場合)ブレンダー または ミキサー

2、セロリと人参のスープ

セロリも人参も煮込むと甘く奥行きのある味に変化します。
コンソメスープでコトコト煮ただけの簡単スープです。

3、トマトスープ

よく熟したプチトマトを湯むきしてコンソメで煮ます。
仕上げにバター少量でコクを出しましょう。

4、かぼちゃの粒粒スープ

煮込んで柔らかくなったかぼちゃをミキサーにかける時に粒粒食感を残します。
仕上げに生クリームとオリーブオイルをたらりと落としてコクを出します。

5、プチオニオンのコンソメスープ

小玉葱を丸ごとコトコト、コンソメスープで弱火で煮込みます。
玉葱がくずれないように火加減に注意しましょう。
仕上げにお好みでローズマリー等のハーブを加えます。

6、ワイルドマッシュルームのクリームスープ

ニューヨークで出回っている大きく黒く香りの強いワイルドマッシュルームを使ったスープです。
生クリームで濃厚な味に仕上げてあります。
椎茸やブラウンマッシュルームで代用しましょう。

7、白玉葱のグラタン風スープ

ニューヨークやミラノで手に入る白玉葱で作りました。
普通の玉葱でも炒めるときに弱火で焦がさないようにします。
器に注いでからトーストしたバゲットをのせ、溶けるチーズをのせて電子レンジで加熱してチーズを溶かします。
オーブントースターで焼いてもさらに熱々で美味しいです。

8、お豆と押し麦のスープ

乾燥豆は前日夜から水に浸けておきます。
急ぐときは水煮缶詰を使いましょう。
お豆が柔らかくなってきたら、炊飯用の押し麦を加えて煮ます。
お好みでベーコンを加えてもコクが出て美味しいです。

9、ごぼうのポタージュ

ごぼうと乳製品(生クリーム)は意外と会います。
素揚げにした輪切りをクルトンかわりにのせると可愛いです。

10、沢煮椀

昆布と鰹の出汁で白菜・人参・油揚げを細切りにして煮込んだお椀です。
本来は塩漬けにした豚の脂を入れますが、家庭ではベーコンの細切りで代用できます。
ベーコンを軽く炒めてから出汁と具材を加えて煮込むと、より香りのいいコクのある汁物になります。

K’s kitchen 入交啓子

日本雑穀協会資格認定者のいる料理教室、日本野菜ソムリエ協会認定料理教室 主催。 虎屋グラフィックデザイナー、ABCクッキングスタジオ、abc-キッズ、パンツエッタ貴久子氏のイタリア家庭料理教室「La Tavola di Tata」を経て独立。
野菜ソムリエ&雑穀エキスパートの小さなお料理教室「K’sKitchen」を東京の自宅からスタート。 現在、ニューヨーク・ミラノ・東京の3都市に自宅兼お料理教室を置き、3カ国でお料理教室「K’s Kitchen Brera Milano」を主催。それぞれの国の料理を紹介すると共に、3カ国の料理をミックスするなど独創的なメニューを日々創造中。




コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

サイト内検索

バックナンバー