「きれい生活研究所」サイト終了のお知らせ

「きれい生活研究所」は2020年10月31日で終了する事になりました。 長い間、ご愛顧いただき有難うございました。


VOL.7 シリーズ「美白の女王への道」― 第1回 「紫外線の本当の怖さ」

Home > ビューティ&ヘルス > kirei ビューティ > VOL.7 シリーズ「美白の女王への道」― 第1回 「紫外線の本当の怖さ」
投稿日:2010/03/04



もう3月。春がそこまできている季節の到来です。3月になると、紫外線量は一気に高まります。そこで、今回から「美白」に関する“真実”を数回にわたり明らかにしていきます。

「美白には興味がないワ。」といっているそこのアナタ! 美白ケアを極めないと肌の老化は止められないどころか、他の人よりもさらに「肌老化」が進む深刻な事態になる!と断言します。
「美白」は、ただ「シミを消す」、「白肌を保つ」だけではないのです。欧米ではいわゆる「セレブ」といわれている女性には、小麦色の輝く肌をしている人が多いです。リゾートでエンジョイできる余裕がある“セレブの証(あかし)”が、小麦色・・というよりも黄金に輝く肌だからです。

日本でも、「白肌」派だけではなく、と「小麦色肌」派の人もいます。「白肌」を目指さない人も、「美白ケア」は必要です。特に、紫外線対策をすることは「美白ケア」の重要なテーマです。「美白ケア」を極めることが、“キレイを極める”ことにもなるので、美白に興味がない人も是非「美白ケア」はどういうことかを知っておいてください。
今回は、皆さんが知っているようで知らないことが多い、「紫外線の怖さ」をお話します。
いくつか「質問」がきているので、詳しくお話していきます。

Q.紫外線にはA波とかB波とかありますが、どういう違いがあるのですか?

紫外線は化学光線と呼ばれるように、太陽の強力な光線です。英語ではUltra Voilet Raysを略して、UVといわれています。波長により、大きく3つにわかれます。
波長が長い順に、A波、B波、C波ですが、C波はオゾン層に遮られて通常は地表に届きません。

B波(UV-B)

海や山に行って大量に紫外線を浴びると、肌が赤くなったあとに黒くなったりします。ヤケドをしているようなもので、UV-Bが関与しています。
UV-Bはシミを発生させるだけでなく、遺伝子を傷つけ皮フを老化させ、皮膚ガン発生の要因にもなります。
サンスクリーン剤で、SPFの表示はUV-Bを防ぐ指標です。
SPFは数字で表示され、数字が大きいほどスクリーン効果が高くなります。

A波(UV-A)

しかし最近、皮フの老化に関与する「光老化(ひかりろうか)」の最も怖い要因としてUV-Aに対する関心が高まっています。
肌の弾力を保つコラーゲンがある「真皮層」と呼ばれる深いところまでUV-Aは届き、コラーゲンを破壊する酵素を増やし、シワや肌老化を加速させるからです。
しかもUV-Aは波長が長いので、家の中にいてもガラス越しに肌に到達します。
紫外線が強い時間帯は、通常は午前10時頃から午後2時位までですが、UV-Aは朝早くから夜近くまで長い時間肌に到達する油断ならないものです。
 
サンスクリーン剤では、UV-Aを防ぐ指標の表示としてPAがあります。
+(プラス)で表され、+の数が多いほどスクリーン効果は高くなります。
レジャーではしっかり紫外線対策をしていても、普段の生活で屋内でも光が差し込んでいる時や雲っている時に油断をしないことが重要です。
日陰でも紫外線量は50%程度までしか減りません。知らず知らずの油断の積み重ねが大きな「差」になるのです。

スタッフ
紫外線って、怖いんですね。
そうすると、対策のためにもできるだけ、SPF値、PA値が高いものを使った方がいいのでしょうか?


明美先生
紫外線をできるだけ防ぐには、それが一番です。しかし、防止力が強いものは肌にも負担をかけるものも多いので、敏感肌の方には適さないかもしれません。
敏感肌の方はもちろん、紫外線が強くない季節、家の中にいることが多い時は、SPF値が低く肌への負担が少ないノンケミカル処方のモノもありますので、それから始めてみてください。


スタッフ
紫外線防止の対策は奥が深いですね。
ユーザーの紫外線の興味関心は高く、以下のような質問がきました。


Q.日焼けどめをしても1日外にいると化粧落とした後、顔がひりひりしたりします。
SPF値が強い日焼け止めは、別の意味でひりひりします。
凄く肌にストレス感じます・・・(顔も真っ白になりますし・・・)。
何かいい方法はないでしょうか?


明美先生
このようなご質問は、最近、多いですね。ですので、次回は、UVケアを含めてサンスクリーン剤の選び方、効果的な使い方なども詳しくお話していきたいと思います。


スタッフ
いいことを教えてくださり、ありがとうございました。
次回も楽しみにしています。

山本明美

東京在住、仙台出身の「ビューティ&ヘルス コンサルタント」早稲田大学法学部卒。大手広告代理店、ファッション誌「25ans」編集部を経て 独立し、「オフィス山本」代表。数多くの化粧品・健康食品開発を手がけ、ビューティのみならず、漢方も含んだ、トータルヘルスのアドバイザーも勤める。東北美人の名のごとく、いつまでも若々しく、肌は年齢不詳。白く透き通る肌はため息が出るほど。数多くの日本女性の「根本美」を追求する活動に尽力するかたわら、故郷をこよなく愛し、発展のために努力する毎日。