投稿日:2018/12/04

ブラジル発「駐妻」に転職しました!
〜 ワーキングウーマン の ポジティブ ラテンライフ 〜



日本の真夏に上陸したブラジルは真冬でした。とはいえ、日本の冬ほど寒くはないし、酷暑の日本から脱出できて、正直ホッとしました。しかし、1ヶ月もしないうちに気温はぐんぐん上がり、9月に入るとあちこちで「春祭り」が開催されるとのこと、駐妻仲間で情報通K美さんが「今週末はいちご祭りが有るよ!」と教えてくれました。

「いちご祭り」は、私の住んでいるカンピーナスから 60キロほど離れたアチバイヤ という街で毎年この時期に開かれているようです。ここは、明治以降から日本人移民が多く住み、いちご栽培に熱心に取り組んだ結果、今や日系人が栽培するいちごが主な生産物となり、日本文化も盛んな土地です。(農作物栽培に関する日系人の貢献度についてはあちこちで聞きますが、本当に尊敬に値します。)このお祭りも日系人中心に行われています。

すでに駐在生活2年超の夫も、いちご祭りに行くのは初めてなので、WAZEアプリでチェックしてから出発です。天気にも恵まれた日曜日、1時間弱のドライブは、春が近いことを感じさせます。カンピーナスの街を出て高速道路に乗ると、辺りは牛や馬がいる何とものどかな風景へと変わっていきます。何だか、めちゃくちゃカントリー!と思っていると、突然また街が出現して、、と言うのを何度か繰り返してアチバイヤに着きました。

街はまさにお祭り騒ぎ!ブラジル各地から観光バスで乗り入れ、沢山のいちごを買っていく人達もいます。会場内には屋台もあり、私はクリームたっぷり「モランゴ(いちご)シャンテリー」を頂きました。いちご自体は日本のものほど甘くはないけどなかなかのものです。(と、言うか、日本のいちごは凄すぎます!)お持ち帰り用は一箱4パック入りで25レアル(約750円)とリーズナブルです。その後「焼き栗」と言う看板を見つけて思わず購入。小袋に入った栗を頬張り「ここで食べられるなんてねぇ~」と感動していると、ステージの上では子供達による和太鼓の演技が始まりました。

お馴染みのリズムに合わせて日系人の子供達が力一杯叩きます。その他ブラジル人の観客達も大拍手!イイね~なんかこの感じ!歩きながらふと見ると、今度は鳥居が出現。その下では、何故かコスプレに身を包んだ人達が写真撮りまくってます。華道の展示も、何となくどこかが違う菊人形。だいたい春なのに菊だしね。(笑) うーん、これが「今風ブラジル的日本文化」なんですかね。文化って、伝わる時に微妙に形が変わっていくのねぇ~と実感!でもここにいるとブラルに居ることを忘れるな、と安心もしました。

次の週末はオランダ系移民の街オランブラの「お花エキスポ」へ行きました。オランダ+(南)アメリカ+ブラジルの頭文字をとって名付けられたこの街は、カンピーナスから車で40分程度と近いのですが、その街並みはヨーロッパ風建物が多く、先週行ったアチバイヤ とも趣が違います。道路標識も、チューリップの形を模ったもので、まるでおとぎの国のようです。

先週のいちご祭りより大規模な春祭りです。オランダ風スナックの屋台やレストランでビールや揚げ物、ソーセージ類なども楽しめます。生花だけでなく鉢植えや苗なども販売しています。民族衣装に木靴を履いた人達が会場のあちこちで踊っています。そして、メインは夕方から始まる「花びらシャワー」です。会場となる芝生広場には、30分以上前から沢山の人達が集まり、場所取りをしています。

時間になると、タワーの上に設えたステージに、テンション高めの司会者が出てきて会場を盛り上げ、さらに何故かみんなでブラジル国歌の大合唱!(サッカーの表彰式の時に歌う、アレです。)そしていよいよ、ゆるキャラ「セニョールチユーリッポ」が抱えた大きなホースからバラの花びらが大量に放出されて、地上にいる観客の頭上に花びらの雨が降り注ぎます。うん!これは確かに感動的!見上げると、青空をキャンバスにハラハラと降ってくる色とりどりの花びらが素敵!お花の国オランダにルーツのあるオランブラならではの演出です。

多民族国家ブラジルではこんな風にそれぞれの文化や風習を大切にしながら、春が来る喜びをみんなで分かち合っているんだと、なんだか嬉しくなりました。また、こうして毎週色々なお祭りに行けば、ブラジルに居ながらにして世界旅行しているような錯覚さえも覚え、ちょっと得した気分です。

ブラジルでは季節の変わり目も大切にしているようです。暦の上だけでなく、この日のこの時間から季節が変わるよ、とハッキリと決めています。今年は、9月22日22時54分から春が始まりました。日本の秋分の日とほぼ重なります。夏は12月21日19時23分から始まるので、日本の冬至とほぼ同じ。四季がはっきりしている日本とは違い、なんとな~く春になったり夏になったりするので、あえて日時を決めて季節の変わり目にこだわっているのかもしれません。

このように民族ごとに文化や季節感の味わいを大切にするけど、そもそも典型的ブラジルって?と考えると、答えが見つかりません。移民の国だからみんな見た目も違うし、文化、気候など、どこを取っても、それぞれ違うけど、そのどれもがみんなブラジルです。「ブラジルで国民全員が共通のものはポンデケージョだけ!」とあるブラジル人が言ってました。(笑)1つの国家に多民族が生き続けていて、一言で言えないのがブラジルなんですね。奥が深~~い。

「結構いいな、こういうお祭り!」2年以上ブラジルにいても何事も初参戦の夫も、少しブラジルの事が好きになって来たようです。有名な観光地を訪ねるのもいいけど、私はこんな日常の中にある近くのブラジル文化に触れ、もっとこの国や人々のことを知りたくなりました。ちなみに、国民食ポンデケージョは、もちもち食感のひと口サイズチーズパンですが、すでに私の心と胃袋を掴んで離しません。


・春一番!アチバイヤ のいちご祭りは大賑わいです。
・焼き栗を手に紅白の幕付きやぐらの前で、でもここはブラジルです。

・オランダの民族衣装をまとった子供達と記念撮影。
・お花エキスポのメインイベント「花びらシャワー」感動的です。


セニョーラ・プリマベーラ  

キャリアコンサルタント、ファイナンシャルプランナー。

夫の海外転勤をきっかけに、20数年間勤めた金融関係の企業を辞め、フリーランスになる。その後、地球の裏側ブラジルで人生初の専業主婦となる。知り合いもいなく、仕事をしない生活、収入のない自分の帰国後のキャリアも心配だけど〜〜今いる環境の中で、いかに心身ともにキレイに生きていくかを模索中。

女性も職業を持つのが当たり前の現代では、夫の転勤とは言え、様々な問題が立ちはだかります。私と同じように自分のキャリアとの狭間で悩んでいる人、これからその可能性のある人、、たくさんいらっしゃるはず。

キャリア=仕事だけでなく、ライフキャリア=人生そのものについて、一緒に考えてみませんか?

筆者:世界遺産イグアスの滝をバックに
滝のように人生は?レインコートは、イグアス国立公園のマスコット動物、アナグマ現地のオリジナル




この記事へ 9 件のコメント

Nathy

2018年12月5日 at 6:23 pm

多民族であるブラジルにて、いろんな文化、食べ物を体験出来るのは嬉しいですね!次回も楽しみにしております!

みーちゃん

2018年12月5日 at 6:24 pm

私の知らないブラジル満載でした。まぁ、元が限りなくゼロに近いのですけど(^.^; 日本にもお祭りは沢山あるけど意外に足を運ぶ事は少ないので、異国だからこそ積極的に参加する意識が大事なのかもしれないですね。花びらシャワーの写真、綺麗でした。

yumiko

2018年12月5日 at 9:51 pm

レポートが、お上手!まるで私も一緒に旅してるような気分。楽しい〜
異国、ましてや日本の反対側で、こんなにも積極的に現地を知ろうというパワーが伝わって何だか元気になりました。
観光地も、いいけど日常の中でという心意気が素敵。これから先、期待してます。

KAZ

2018年12月5日 at 10:52 pm

ブラジル生活2年以上の旦那様も、初めて奥様と一緒にあちこち旅してブラジルの良さを実感した様子。素敵!好奇心や新しいものを受け入れる感性、私も今後も大事にしていきたいです。

chika

2018年12月6日 at 12:30 am

いちご祭り!なんとも魅力的な響きですね! 改めて、日本人移民の頑張り、日系人の貢献度に頭が下がりますね。そして、お祭りを次々と楽しんでいると、まさにプチ世界旅行気分♪ 日本を離れるにあたってはいろいろな複雑な思いもあったと思うけれど、ブラジル人のオープンでフレンドリーな気質やどこでも最大限に楽しむ姿勢はプリマベーラさんの性格にとても通じるものを感じます^^ そして、ポンデケージョが食べたくなる~♡

Ola

2018年12月6日 at 8:00 am

私も花びらシャワー浴びてみたい!イチゴ祭りも良いな。
ブラジルのお祭り、陽気で華やかで良いですね。

さっこ

2018年12月6日 at 7:13 pm

日本にいると忘れがちな日系の方々の海外でのご苦労やご活躍を、あらためて教えて頂いてありがとうございます‍。
季節の変わり目が、分単位で決まっているなんてビックリです!
私の大好きな、ポンデケージョはブラジルの国民食でしたか。初めて知りました。機会があったら、本場のレシピと作り方教えて下さい〜
いつも楽しいコラム楽しみにしています。
そろそろお疲れが出る頃かと思いますので、
どうぞお身体大切に

Gurako

2018年12月8日 at 4:17 pm

待ってました!
読みながら私もお祭り観光している気分になれてウキウキです、楽しいわ~
写真の色がカラフルで綺麗ですね。

「焼き栗」って袋に日本語で書いてある!ブラジル産の栗?(日本の焼き栗は中国産がほとんどだから)

他国の食文化、お祭りに興味あるので是非またお願いします。
花びらシャワー浴びてみたいわ~。

グアナコ

2018年12月10日 at 1:58 pm

日本は単一民族国家なので、ブラジルなど他民族国家は未知ですよね。
いろいろな国の文化や民族衣装も見れるのが羨ましい。
この機会に是非世界を体験されて下さい。また、駐在の方々のお話も楽しみです。

コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

サイト内検索

バックナンバー