投稿日:2019/02/08

ブラジル発「駐妻」に転職しました!
〜 ワーキングウーマン の ポジティブ ラテンライフ 〜

 
ある日、我が家の洗濯機がパタッと止まりました。洗濯物が水浸しのまま、動かなくなり、で、ここからが大変!ブラジルでは日本ではあり得ないことが次々と起こるので、実のところ私はキャリアクライシスに陥ってる場合じゃないんですよねぇ~。

そもそも、うちの洗濯機はくせ者です。まだ、夫が単身赴任だった時、1ヶ月だけカンピーナスに滞在していた時にも、私はこの洗濯機と戦いました。その頃、夫が着ているものが臭い!寄る年波に押されてオヤジ臭が出て来たか?と思ったのですが~~いわゆる部屋干し臭がするのです。 「こっちで買ったタオルが臭いんだよ」って言うけど、いやいやタオルだけでなく、着ているシャツも臭いますよ。(と、本人には可哀想で言えなかったけど)

よくよく聞いてみると、彼は何となくタイマーだけ合わせて、洗濯→すすぎ→脱水をして、そのまま部屋に干しているらしく、お日様に当てるでもなく、エアコンつけるでもなく、それじゃキチンと乾くわけもありません。見ると外は天気も良く湿度も低いので「ベランダに干したら?」と言うと、「このアパートは外に干してはいけないんだ。みんなそうしているんだから仕方ないんだろう!」って少しムッとしている感じです。

だとしたら、みんなそうだとしたら、洗濯機に乾燥機能が付いていないわけがない、と思って、おもむろに表示板を見ましたが、全てポルトガル語。しかも、本体は韓国製。これは手強いです。

夫の会社では、駐在員の家電と家具は会社からの貸与です。(お金取るんです。ちょっとケチ!)壊れるまでは、代々同じ物をいろんな人が使い回すので、当然取扱説明書なんてありません。それでも表示板に小さなイラストがあって、シャツが風になびいている図です。むむっ、これは期待ができる、乾燥のマークじゃないのかな? 辞書を片手に、まずは表示してあることをひとつずつ確認しました。「secagem」乾燥っていう単語あるじゃない、乾燥機付き洗濯機だと言うことが分かりました。

私は「とりあえずやってみる」タイプなので、取説が無いのをいいことにあちこち動かしてみました。すると、洗濯機からうっすら煙のようなものが、、流石に怖くなって、一旦スイッチを切って、もう少し詳しく調べることにしました。もう、こうなったら徹底的に調べて、絶対に乾燥までの行程を見つけ出して極めてやりますよ、待ってろよ、韓国製洗濯機!

しかし、日本の洗濯機と手順が異なり、なかなか動きません。これは壊れてるんじゃないか、とか、機能が劣っているんだよ、と散々悪口を言いつつ、試行錯誤を繰り返し、同じ洗濯物を5回くらいドラムに入れてビショビショにしました。そして2日がかりでついに、部屋干しでも臭くない、ふかふかの洗濯物が出来上がりました!!

そんな、面倒の見がいがある洗濯機が、この度パタッと止まりました。使いにくくても、壊れてしまうと困ります。慌てて、修理依頼の連絡すると、メーカーは?モデルは?機種番号がわかるように写真を撮って送れとか、色々言われた挙句、やっと翌日の午後に修理に来てくれることになりました。

あ、ちなみに「午後」と言うのは、12時から17時までのどこかで行くよ、って事らしく、待ち時間長っ!それでも来てくれたらラッキーで、その日は16時には来たから、かなり優秀なようです。
修理屋さんは、洗濯機を見てあちこち触り、原因を突き止めるべく蓋を外して分解し始めました。まもなく「あー原因は分かった!」と言うので、修理が始まるのかと思いきゃ「うーん、今日は修理できないな~部品持って来てないからね。」と。

「じゃ、部品取って来てくださいよ」「うーん、そーねー」と言いつつ、お店に電話。ポルトガル語を完璧に理解している訳ではないけど、電話の様子では、どうもお店に部品が無いと言ってる。「サンパウロの店から取り寄せないとね。」と、案の定。「じゃ、すぐに取り寄せてくれる?いつ来ます?」「そうねーまあ、届いたらまた連絡しますよ」と、かなり怪しい。「今日は、火曜日でしよ?明日?明後日?」と迫っても「部品届いたら連絡します」と言うばかりで、帰ってしまいました。

結局、我が家の洗濯機が直ったのは、金曜日の夕方でした。週末を跨がなかったことは「有難い」と思わなくてはならない、これこそブラジルあるあるです。洗濯機一つ直すのに丸々1週間かかったわけです。そして実は、その間に家の中の物が次々と壊れていきました。(苦笑)

まず、洗面所の水栓を締めても水がチョロチョロ~~これも修理に来てくれたおじさん曰く「パッキンが古くなってカチカチだから、止まらない。」とのことで、新しい物に交換していったけれど、今度は締め方が緩すぎて、蛇口の下の管から水漏れ。この人も2回修理に来ました。

もう、こんなに壊れるし、しかも一回では済まないし、と疲れ果ててソファーにドカッともたれかかって座ったら、な、なんと、リクライニングじゃないはずなのに、背もたれが倒れた!危ないったらありゃしない。これはさすがに修理出来る状態ではないので、新しいのを買って貰うか、他の物と交換して貰うか、交渉のための証拠写真を撮り、夫経由で会社へ送りました。

1週間のうちに、家の中にあるものが、3つも壊れたわけです。中古を使用しているので、たまたまのタイミングなのでしょうが、それにしても、その都度の手配は本当に手間がかかります。しかも何度もやり直しだし。やや嫌味を込めて「何度も来てくれて、、、アリガト」と言ったら、「良いんだよ、気にするな。」と、親指を立ててブラジル人はあくまでも楽観的。ま、そんなところ嫌いじゃないけどね。

海外暮らしの醍醐味は、問題に直面したら即、生活に支障をきたすので、とにかく何とかするべく全神経と全脳をフル活用し、解決することです。この1週間、かなりストレスは溜まりましたが、お陰で達成感はありました。 駐妻仲間のK美さんに事の顛末を話したら 「Bem vindo ao Brasil! (ようこそブラジルへ)」 と、洗礼を受けた私を讃えてくれました。 ブラジルは、こうして日々、色んな角度から私を成長させてくれるのです。はあ~疲れた~。

・これが噂の洗濯機。日本語訳のシール貼りまくり、お陰で大変勉強になりました。
・ブラジル人経営の店の天ぷら。巨大な扇型物体は食べられません。稲穂みたいな物に天ぷら粉つけて揚げたようですが、これ、トレンドみたいです。

・なぜか、日本料理店の入口には必ず鳥居が、、。しかも店名は「最高」って。他にも「商売」「芸妓」「現代」など奇抜なネーミングの店が多数あります。
・お気に入りのカフェ「マリアアントワネッチ」のキッシュランチ。ハニーマスタードのドレッシングをかけたサラダ付。これは絶品!

セニョーラ・プリマベーラ

キャリアコンサルタント、ファイナンシャルプランナー。

夫の海外転勤をきっかけに、20数年間勤めた金融関係の企業を辞め、フリーランスになる。その後、地球の裏側ブラジルで人生初の専業主婦となる。知り合いもいなく、仕事をしない生活、収入のない自分の帰国後のキャリアも心配だけど〜〜今いる環境の中で、いかに心身ともにキレイに生きていくかを模索中。

女性も職業を持つのが当たり前の現代では、夫の転勤とは言え、様々な問題が立ちはだかります。私と同じように自分のキャリアとの狭間で悩んでいる人、これからその可能性のある人、、たくさんいらっしゃるはず。

キャリア=仕事だけでなく、ライフキャリア=人生そのものについて、一緒に考えてみませんか?

筆者:世界遺産イグアスの滝をバックに
滝のように人生は?レインコートは、イグアス国立公園のマスコット動物、アナグマ現地のオリジナル




この記事へ 5 件のコメント

Nathy

2019年2月8日 at 6:13 pm

色々大変ですね海外生活色々ありありですね。
私もそのような経験があります。大変でした

ひとみ

2019年2月9日 at 11:22 am

プリマお姉さま
パワフルで行動的なお姿がかっこよくて
本当に素敵で憧れです


今回も笑いながら読ませていただきました^^
「何とかするべく全神経と全脳をフル活用し解決すること」大変勉強になりました。
私も頑張りたいと思います。

お体に気をつけて、
これからもコラム楽しみにしてます(o^^o)

えんちゃん

2019年2月11日 at 12:01 am

毎回楽しく読ませてもらってます。
けど、今回は笑った。リクライニングでないソファーのくだりは、読んでいて創造しちゃったら吹き出してしまいました。
日本はなんでもきっちり、むかしある引っ越し屋のCMにあったように「仕事きっちり」なんだよね。
時間も正確だし、それと比較しちゃうとラテンはもー笑うしかないって感じだよね。
でも、時々思うの、そーゆーゆとりって人生には必要なのかも?って。
とは言え、日本で生まれ育った私は、きっと時間通り、日本のように事が運ばないと、イライラはじまるのかもって思います
なんとかしなきゃ!というのは日本人魂だと思う。

Mia Friday

2019年2月11日 at 11:20 am

セニョーラ・プリマベーラ
あー!ほんっとにわかります!
海外での様々なトラブル。
そして、それを乗り越えた時の達成感とハンパない疲労感。
しかも、困難は必ずいくつかセットでやってくるw。
セニョーラ・プリマベーラの日常、日本の裏側なのに親近感湧きます。
いつも楽しみにしています。

SuuuU

2019年2月13日 at 5:31 am

お疲れ様でした!
私だったら、すごくイライラしちゃいそうです^ – ^
こんなに楽しく書けるなんて、すごい!!
洗濯機の達成感が愛おしいです。

コメントをどうぞ

投稿されたコメントはサイト運営者の承認後に公開されます。
個人情報を含む内容(個人名等)及び個人的な相談等は公開を控えさせて頂きます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
内容を入力して、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。(htmlタグは使用できません)

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください